FC2ブログ

新型コロナウィルスを口実とした「緊急事態宣言」「新型インフル特措法の改悪」を許してはならない(下)

総合文化(2020/03/13) 「新型インフル特措法」、衆院議員山尾志桜里、WHO事務局長テドロス、WHO「緊急事態」宣言(PHEIC:Public Health Emergency of International Concern)

ほぼ制圧された中国の新型コロナウイルス
中国コロナウイルス

 昨日(3月12日)、「緊急事態宣言」を可能にする法案が、衆議院本会議で採決がおこなわれた結果、自民・公明両党や、立憲民主党などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。
 この法案(新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案)によると、「緊急事態宣言」を首相が出す際には国会の事前承認は必要なく、しかも、いちど宣言されると「二年間も有効」となります。
 そのうえ内閣は、「集会の禁止」「テレビ報道などメディアに対して内容の差し替え」までも指示・命令できることになり、まさにナチス・ドイツの再来という事態になりかねません。
 ところが、国民民主党どころか立憲民主党までもが賛成にまわるという体たらくで、全く野党の体(てい)を成していません。
 ただひとつ救われたのが、昨日12日に、立憲民主党などでつくる野党統一会派の会合で、同党の山尾志桜里(しおり)衆院議員が、上記法案の採決に際して反対票を投ずる旨の表明をしたことでした。
 山尾議員は日経ビジネスのインタビューで次のように語っています。詳しくはこちらを御覧ください。事態がいかに深刻かを理解していただけると思います。
*「法改正へ、新型コロナ緊急事態宣言でテレビの報道内容に指示も」
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00005/031200118/

 私は前回のブログで、この新型コロナウイルスは「中国発」ではなく「アメリカ発」である可能性があると、欧米の知識人すら疑問を提示し始めていることを紹介しつつ、下記のように訴えました。
* 新型コロナウィルスを口実とした「緊急事態宣言」「新型インフル特措法の改悪」を許してはならない
http://tacktaka.blog.fc2.com/blog-entry-361.html
 しかし上記のブログでは、時間の関係もあり、この新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案を出すにあたって、裏でWHO(世界保健機関)が果たした役割を充分に説明することが出来ませんでした。
 というのは、イタリアなどの各国が「緊急事態宣言」を出す以前に、それに先だって1月30日、WHO事務局長テドロスが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を打ち上げていたからです。
 それまでは、この新型コロナウイルスの患者数・死者数が突出していたのは、中国以外にイランぐらいしかなかったのに、それがイタリアなどに広がったのは、WHO事務局長による「世界保健緊急事態(PHEIC)」の公表で、イタリア政府が慌てふためいて対応を誤ったからでした。
*イタリア、医療現場混乱で感染急増か 全土で移動制限(日経新聞2020/3/10)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56642800Q0A310C2910M00/?n_cid=NMAIL007_20200311_H

 そして、このWHOの公表にもとづき世界に恐怖を煽るキャンペーンは今でも続いています。「パニックと不安。WHOと各国政府は民衆を欺している」として、チョスドフスキー教授(カナダ、オタワ大学)は、この点を次の論考で詳しく説明しています。
*COVID-19 Coronavirus: A Fake Pandemic? Who's Behind It? Global Economic, Social and Geopolitical Destabilization、By Prof Michel Chossudovsky, March 01, 2020
https://www.globalresearch.ca/covid-19-coronavirus-a-fake-pandemic-whos-behind-it-global-economic-and-geopolitical-destabilization/5705063
 この論考は既に翻訳が下記のサイトに掲載されていますので、詳細はそちらをご覧ください。
* コロナウィルスCOVID-19の世界的大流行は嘘?世界は経済的、社会的、地政学的な不安定化へ。その背後には誰がいる?
http://tmmethod.blog.fc2.com/blog-entry-204.html
 ここで重要なのは、「COVID-19(別名nCoV-2019)が大製薬会社にとって数十億ドルの大もうけとなっている」という点です。
 以下は、上記の翻訳(『寺島メソッド翻訳NEWS』2020年3月10日)からの引用です。

 新型コロナウイルスnCoV-2019が、まだ中国本土に封じ込められていた時機に、すなわち1月30日に、WHO事務局長テドロスが、「この疫病は国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態だ」と宣言したのは何故か。
 証拠が示しているのは、WHO事務局長テドロスは強力な企業スポンサーの利益に奉仕していたということである。
 ウィリアム・エングダールによれば、テドロスは、クリントンズ&クリントン財団と長い間の関係を確立していた。彼はビル&ミランダ・ゲイツ財団とも深いつながりがあった。
 ゲイツ財団は、ダボスで開かれたWEF(世界経済フォーラム)とともに、2019年10月のジョンズ・ホプキンズ大学「新型コロナウイルス(2019nCoV02019)シミュレーション演習」のスポンサーでもあった。
 テドロスはまたエチオピアの保健相として、ゲイツ財団との共同設立者である「エイズや結核やマラリアと闘う世界基金」の議長でもあった。その世界基金は詐欺や腐敗スキャンダルにまみれていた。
 またWHO事務局長の地位を獲得しようと運動したテドロスの三年間で、彼は三つの大きなコレラ・エピデミックを隠蔽した罪に問われていた。エチオピアの保健相のとき、エピデミックの重要性を過小評価し、そのケースを単なる「ひどい水様性の便」だと偽って隠蔽しようとした(彼はその罪を否定しているが)。
(中略)
 中国の新型コロナウイルスで「確認された症例」の43.3%は現在「快復」したと分類されている(冒頭のグラフ参照)。西側メディアは「発症者」と「感染者」を区別していない。この場合重要なのは、後者の「感染者」である。現在の傾向としては「感染者」が快復に向かい、その数が減少している
 上記に関連して、大規模なWHOワクチンの開発キャンペーンは、2月28日、テドロス・アダノム・ゲブレイェシス事務局長によって順当に承認された。
 テドロスいわく「・・・仕事はワクチン製造と治療法で進展している。20種類以上のワクチンが世界的に開発されている。様々な治療法が医療実験されている。私たちは二~三週間で最初の成果が期待できる。」
 言うまでもないが、このWHOの決定が、5大ワクチン製造メーカーにはもう一つの「たなぼた」である。グラクソ・スミスクライン、ノバルティス、メルク&Co、サノフィ、ファイザーは、ワクチン市場の85%を占めている。


 以上を読んでいただければお分かりのように、WHO事務局長テドロスは、世界ワクチン市場の85%を占めている5大ワクチン製造メーカーに奉仕するために、2月28日、WHOワクチンの開発キャンペーンを承認した、という疑いが濃厚なのです。
 こうしてWHOによって注文された20種類以上のワクチンが、世界的に開発され様々な治療法が医療実験されていて、二~三週間で最初の成果が期待できるのですから、ウイルスが早々に沈静化してもらったら、むしろ困るのです。
 つまり、WHOは「マッチポンプ」の役割を果たしていることになります。新型コロナウイルスという名の恐怖に「火を付けて」おいて、今度はワクチン開発を5大ワクチン製造メーカーに注文して「火消し役をしている」ということになります。
 その是非はともかく、テドロスが、その前段階の行動として、B&Mゲイツ財団と一緒になり、ジョンズ・ホプキンズ大学の「新型コロナウイルスのシミュレーション演習」を後押ししていたことは確かなのです。

 そして、このような世界的流れの中で、安倍内閣による「緊急事態宣言」の法制化が出てきたことになります。
 安倍首相の「全国一斉休校」という強権発動は、国民の不興を買ったとはいえ、憲法を変えて「緊急事態条項」をそこに盛り込もうとしていたのに、この新型コロナウイルスのおかげで、そういうことをしなくても「緊急事態宣言」というナチスまがいの権力を手にすることが出来ました。
 そういう意味では、ダイヤモンド・プリンセス号による新型コロナウイルス事件は、考え方によっては大成功だったと言えるのかも知れません。しかも 今回の「全国一斉休校」は、「戒厳令」を敷くときの一種の予行演習にもなりました。転んでもただでは起きない、という安倍内閣のしぶとさを見る思いがします。

 なお、前回のブログで書いた小論に加筆修正を加え、それを長周新聞に送ったところ、後掲のように第二面いっぱいを使って掲載してくれました。
 と同時に、この小論をWEB版にも載せてくれました。時間があるときに参照していただければ幸いです。
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/16092


新型コロナを口実に「緊急事態宣言」(長周新聞20200308)上
新型コロナを口実に「緊急事態宣言」(長周新聞20200308)下


関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR