モントリオールの街中に鳴り響く Casseroles(鍋・釜・フライパン)の合奏曲、ケベック学生スト100日目、世界に影響を与え始めた「メイプルの春」

─────────────────
鍋・釜・フライパンをたたきながら街に繰り出す市民
http://vimeo.com/42848523
(何はともあれ、まず上の動画を見てください。
映像の背後に流れる音楽も抜群です)


モントリオールを埋め尽くす「メイプルの春」

───────────────────────────────────────

前回のブログから既に10日が経とうとしているのに、相変わらずブログに復帰する時間がなかなか取れません。

しかし、Voices of a People's History of the United States(仮題『肉声でつづる民衆のアメリカ史』)の「あとがき」が6月4日で校了する予定です。

これが終われば、この仕事からすべて解放されるので、やっと念願の「晴耕雨読」の生活に入ることができます。長い長い四年間でした。

とはいえ「あとがき」の最終校正が終わっていませんので、今回は主としてカナダのケベックで起きていることを紹介して今回のブログに代えたいと思います。

本当は、ポスターでトトロも猫バスも呼びかけていた「シカゴのG8にたいする巨大な抗議集会」についてもお知らせしたいことは多いのですが、私にそのゆとりがありませんので割愛させていただきます。

───────────────────────────────────────
* 一般読者の皆さんへ: 以下では英文をたくさん引用してあります。しかし半分は自分のメモを兼ねています。時間のない方は飛ばして読んでください。
* 英語教師の皆さんへ: 授業における会話ブーム(しかも覚えてもすぐ忘れる)のおかげで、生徒どころか英語教師の「読む力」も大きな落ち込みを見せています。この英文記事が「読む力」の回復に少しでも役立てば幸いです。
* 教育研究者の皆さんへ: 最近わたしは、英語を学ぶ目的の一つは、アメリカの実像を知り日本を「第二のアメリカ」にしないことにある、と考えるようになりました。以下は、今まであまりにも「虚像のアメリカ」を教えてきた私の反省が込められています。
────────────────────────────────────────

カナダでは先週、モントリオールの街頭を40万人を超える人々が埋めました。カナダの歴史上でも初めての大規模なデモだと言われています。1000名を越える逮捕者を出していても、この巨大なうねりは収まる気配を見せていません。

もともとは大学の学費が75%以上も上がることに対するストライキが発端だったのですが、3カ月を超える息の長い抗議活動と授業ボイコットは、「メイプルの春」の名で世界に知られるようになりました。

(ちなみにカナダの国旗は「メイプル(かえで)」ですし、メープルシロップの産地としてケベック州が有名です。)

チュニジアやエジプトの「アラブの春」が、"We Are 99%" をスローガンにした「Occupy Wall Street Movement」へと飛び火し、アメリカ全土に燎原の火の如く広がりましたが、それがさらに「メープルの春」としてカナダで花開きました。

これにたいしてケベック州政府が弾圧政策を強化したことによって、学生だけでなく逆に一般市民の怒りまでもかきたててしまいました。この怒りまでをもかきたてることになったのは、州政府が「78号法案」と呼ばれる非常事態法を成立させたことでした。

これは大学の今学期の授業を中断し、50人以上の抗議行動を行う際はデモのルートを警察に事前に知らせることを義務づけ、これに従わない学生団体には12万5000ドル以下の罰金を科すと脅すものでした。

ケベック州の授業料はカナダのなかで最も低いので最初は「甘やかされて育った若者たちのお遊び」と非難するメデイアも多かったのですが、ギリシャ、スペイン、チリなどアメリカ流の経済制度を取り入れたところが、軒並みに金融危機に陥り、公務員の大量首切りだけでなく福祉や教育や年金の大幅削減をうみだしています。これを他人事でないと一般市民が気づき始めたのです。

こうして学生たちの闘いは、対立が拡大するにつれ国際的な注目を集め、緊縮財政や経済不安や学生ローンの重圧の下で不平不満を募らせる世界中の若者たちの共鳴を得ていますが、今度は若者たちだけでなく、この問題を自分たち問題としてとらえた一般市民たちが台所にある鍋や釜を持ち出して、街頭にくりだすようになりました。こうしてモントリオールの街中に「鍋・釜・フライパンの合奏曲」が鳴り響くことになりました。

(一般も主婦・市民が鍋・釜・フライパン(Casseroles)を持って出かけ行く様子は、冒頭の映像で見ることができます。)

さらに5月30日(水)夜8時には、世界中の主要な50都市でケベックへの連帯行動が呼びかけられました。呼びかけ文には下記のように書かれていました。

Solidarity Actions are taking place TONIGHT at 8:00pm local time in over 50 cities - find yours in the list below. If you don't see your home town, then look no further than your kitchen!

Global Casseroles Night in Solidarité with Québec in Over 50 Cities
http://occupywallst.org/article/global-casseroles-night-solidarite-quebec-over-50-/

この情勢がこのまま続くとケベック州に、フランスのような新しい政権が誕生することになるかも知れません。ギリシャでも選挙で最大多数の票を得た政党は、EUやアメリカの金融界から強く要求されている弱者切り捨ての「緊縮財政」政策に、断固反対する若い政党でしたから。
────────────────────────────────────────
<註1> 財政赤字を理由に諸費税を増税したり緊縮財政を強いたりすることが、逆に悪のスパイラルを招き経済不況を長引かせることについては、ノーベル経済学賞のクルーグマン教授が下記で明快に反論しています。

"End This Depression Now": Paul Krugman Urges Public Spending, Not Deficit Hysteria, to Save Economy(ポール・クルーグマン「不景気を今すぐ終わらせろ」、赤字ヒステリーではなく経済を救うために公共支出の増額を)
http://www.democracynow.org/2012/5/17/end_this_depression_now_paul_krugman

────────────────────────────────────────
<註2>
Maple Spring: Nearly 1,000 Arrested as Mass Quebec Student Strike Passes 100th Day

  More than 400,000 filled the streets of Montreal this week as a protest over a 75 percent increase in tuition has grown into a full-blown political crisis.
  After three months of sustained protests and class boycotts that have come to be known around the world as the "Maple Spring," the dispute exploded when the Quebec government passed an emergency law known as Bill 78, which suspends the current academic term, requires demonstrators to inform police of any protest route involving 50 or more people, and threatens student associations with fines of up to $125,000 if they disobey.
  The strike has received growing international attention as the standoff grows, striking a chord with young people across the globe amid growing discontent over austerity measures, bleak economies and crushing student debt.

もっと詳しい情報は下記をごらんください。
http://www.democracynow.org/2012/5/25/maple_spring_nearly_1_000_arrested

────────────────────────────────────────
ブログ冒頭で<本当は「ポスターでトトロも猫バスも呼びかけていた」「シカゴのG8にたいする巨大な抗議集会」についてもお知らせしたいことは多いのですが、私にそのゆとりがありませんので割愛させていただきます>と書きました。

しかし、やはりこれについて全くふれないわけにはいかないという気もしますので、これについて少しだけコメントを書いて終わりにしたいと思います。

この集会で、イラク戦争やアフガン戦争に従軍した兵士たちが、「イラクやアフガニスタンを破壊し、多くの罪もない人々を殺した」ことを謝罪しつつ、自分たちに授与された勲章をNATO首脳会議の会場に向かって次々と投げ返す光景は胸を打つものがありました。

このような集会は、ベトナム戦争いらい2度目の出来事だそうですが、当日は50人近くの退役軍人が従軍メダルをNATO首脳会議の会場の方向に投棄しました。その中の一人が次のように述べていて衝撃を受けました。

「無事にイラクやアフガンから帰国しても、帰還兵の仲間は毎日18人の割合で自殺している」「国外では無実のひとを殺し、国内では自分を殺しているのだ」「アメリカのやっている戦争はどこか間違っている。」

当日は、2007年に米軍に入隊し、イラクでの2度目の従軍から帰還しあた2010年3月に自殺したデリック・カークランドの母親、マリー・カークランドさんも勲章返還の儀式に参加していました。

当初、軍はマリーの息子デリック・カークランドは戦死したと報告していました。息子の遺影を抱えて儀式とデモ行進に参加した後、カークランドさんは当日、次のように話しています。

「息子が自殺をしたと言わなければいけないことを恥ずかしいとは思いません。私は息子のメンタルヘルスの治療を怠った米軍を恥だと思います」

平凡な母親だった自分がこの集会に参加する気になったのは、自殺者が激増しているにもかかわらず、それをひた隠しにして息子が自殺するのを見殺しにした軍と政府に憤りを感じたからだ、と彼女は語っていました。

Mother of Iraq Veteran Who Committed Suicide: "Honor the Dead, Heal the Wounded, Stop the Wars"(自殺したイラク戦争退役軍人の母の訴え:「死者に名誉を、負傷者に治療を、戦争の中止を」)
http://www.democracynow.org/2012/5/28/mother_of_iraq_veteran_who_committed

ところが、アメリカはイラクやアフガンでは飽き足りず、次には(シリアを踏み台にしながら)イランを狙っているようです。それに抗議するのも、このシカゴでの集会の目的のひとつでした。しかし残念なことに日本政府は、またもやアメリカと行動をともにする道を選ぶようです。

シリア問題を平和的に解決する道については下記の記事に詳しく書いてあるので、時間と興味のがある方は御覧ください。

Veteran Mideast Journalist Charles Glass on Syria's Violence & the Prospect of Military Intervention(ベテラン中東ジャーナリストのチャールズ・グラス、シリアに渦巻く暴力と軍事介入の見通しを語る)
http://www.democracynow.org/2012/5/30/veteran_mideast_journalist_charles_glass_on
関連記事
スポンサーサイト

トトロも猫バスも叫ぶ 「G8&NATOサミットを占拠しよう!」    チョムスキーいわく 「"メーデー" を "ローデー(法の日)" にすり替えたのはレーガン大統領だった!」 チョムスキーによる「ふくしま集団疎開裁判」と「世界市民法廷」への支持・支援表明

───────────────────────────────────────



───────────────────────────────────────
メーデーが終わって既に18日が経とうとしているのに、なかなかブログに復帰する時間が取れませんでした。

Voices of a People's History of the United States(仮題『肉声でつづる民衆のアメリカ史』)の索引作成もやっと終了の目処(めど)がつき、6月末に出版という段取りもほぼ決まりました。

まだ索引の最終校正も残っていますし、「あとがき」も書いていませんが、私のブログをしびれを切らして待っている人もいますので、今日は思い切ってブログのために費やすことにしました。

───────────────────────────────────────
* 一般読者の皆さんへ: 以下では英文をたくさん引用してあります。しかし半分は自分のメモを兼ねています。時間のない方は飛ばして読んでください。
* 英語教師の皆さんへ: 授業における会話ブーム(しかも覚えてもすぐ忘れる)のおかげで、生徒どころか英語教師の「読む力」も大きな落ち込みを見せています。この英文記事が「読む力」の回復に少しでも役立てば幸いです。
* 教育研究者の皆さんへ: 最近わたしは、英語を学ぶ目的の一つは、アメリカの実像を知り日本を「第二のアメリカ」にしないことにある、と考えるようになりました。以下は、今まであまりにも「虚像のアメリカ」を教えてきた私の反省が込められています。
────────────────────────────────────────
前回のブログでは次のように書きました。

<労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日に、シカゴを中心に「8時間労働制要求」の統一ストライキがおこなわれたのが起源です。「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は安眠休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」これが、統一ストライキのスローガンでした。当時、1日12時間から14時間労働が当たり前だったのです。>

また私は前回のブログで次のようにも書いています。

<しかし、不思議なことに当のアメリカでは、このメーデーを歴史から抹殺し、9月最初の月曜日を「レーバーデー(労働者の日)」に設定しています。支配者にとっては、労働者が自らのちからによって「8時間労働制」を勝ちとった日を記念日にすることが、よほど怖かったのでしょう。何とアメリカらしい対応であることか!!>
───────────────────────────────────────

私がこのブログを載せたのは4月27日(金)でした。ところが4月29日(日)のZNetのチョムスキーのページを見ていたら、チョムスキーが "May Day" という題名で同じようなことを書いているのを発見して驚喜しました。

(ちなみに、このZNetというのは、チョムスキーの教え子Michael Albertが創設したインターネット・マガジンです。)

チョムスキーはそのブログ(Noam Chomsky's ZSpace Page)の冒頭で次のように書き出しています。

「メーデーについては誰でも知っているだろう。ただし、それがどこで始まったかを除いては。しかしそれが始まったのは、このアメリカ合州国だった。
 メーデーがどこで始まったのかをアメリカ人のほとんど誰もが知らないのは、権力の座にあるものが、その真の意味を消すためにできる限りのことをしてきたからだ。
 たとえば、ロナルド・レーガン大統領は、5月1日を『法の日』“Law Day”と指定して、メーデーを暦から消し去った。
 この日を『法の日』などとすることは、この日を「狂信的右翼の日」とすることであり、労働運動にナイフを突きつけて臓器をえぐり出すような行為に似ている。」

───────────────────────────────────────
May Day
http://www.zcommunications.org/may-day-by-noam-chomsky
  People seem to know about May Day everywhere except where it began, here in the United States of America.
  Tha's because those in power have done everything they can to erase its real meaning. For example, Ronald Reagan designated what he called, “Law Day”—a day of jingoist fanaticism, like an extra twist of the knife in the labor movement.
───────────────────────────────────────

このブログを読むまでは、レーガン大統領がメーデーを「法の日」と指定したことを知りませんでしたから、全く驚いてしまいました。

と同時に、チョムスキーがレーガンのこのような行為を次のように述べて怒りを露わにしていることには、全くそのとおりだ!と思わず膝をたたきました。

「この日を『法の日』などとすることは、この日を「狂信的右翼の日」とすることであり、労働運動にナイフを突きつけて臓器をえぐり出すような行為に似ている。」

というのは、私は先のブログで次のようにも書いていたからです。

<1886年5月1日の全国統一行動日に、シカゴのマッコーミック収獲機会社でスト中の労働者4人が警官隊に殺害されました。このことに抗議して,5月4日夜、市内のヘイマーケット広場で集会が催されました。
 このとき警官隊の間に爆弾が破裂し,警官側に死傷者が出ました。これが有名な「ヘイマーケット事件」です。この事件の犯人は不明でしたが、警官殺害を教唆したとの罪で8人が裁判にかけられ,彼らが爆発事件とは無関係であることが明らかだったにもかかわらず、4人が絞首刑となりました。
 メーデー(5月1日)は、このような痛ましい犠牲者をたたえる意味も込められていました。だからこそアメリカの支配者は、このメーデーを「労働者の日」にしたくなかったのでしょう。>

つまり、法を破って4人を絞首刑にしたのは政府・権力者の方だったのに、それを全く逆転させ、メーデー(5月1日)を「法の日」「法を遵守させる日」にしたのですから、白を黒と言いくるめるようなものです。

このような行為は、この日を「狂信的右翼の日」とすることであり、「労働運動にナイフを突きつけて臓器をえぐり出すような行為に似ている」とチョムスキーが怒ったのも当然というべきでしょう。

私は、このいわゆる「ヘイマーケット事件」で絞首刑になった4人のひとりオーガスト・シュピーズの「法廷陳述」を、『肉声でつづる民衆のアメリカ史』(仮題、11章)で訳したばかりでしたから、なおさらチョムスキーの怒りが直(じか)に伝わってきました。

───────────────────────────────────────
しかし幸いなことに、アメリカでは「メーデー」が甦(よみがえ)りつつあります。いまアメリカ全土で広がっている「Occupy Movement」がそれです。チョムスキーも上記の文に続けて次のように述べています。

「いまやメーデーをめぐって新しい自覚が生まれつつある。それは "Occupy Movement" によって組織され、その運動によって活力を与えられたものだ。その社会変革を求める方向は極めて妥当なものであり、それは情勢次第によっては革命に行き着く可能性もある。」

Today, there is a renewed awareness, energized by the Occupy movemen's organizing, around May Day, and its relevance for reform and perhaps eventual revolution.

チョムスキーが上記このブログを書いたのは、4月29日(日)でしたが、このことばを裏付けるかのように、メーデーの日にはアメリカ全土で民衆が街頭に繰り出しました。ニューヨークでもブロードウェイやユニオンスクウェアを埋め尽くす盛況ぶりでした。
───────────────────────────────────────
<註> チョムスキーの「メーデー」と題するブログは、このあとも続いているので、本来はその「続き」を紹介すべきなのですが、どうしても書いておきたい他の話題もあるので、ここでは割愛させていただきます。興味がある方は下記を御覧ください。
http://www.zcommunications.org/may-day-by-noam-chomsky

───────────────────────────────────────
ところで、前述のように、このメーデーは "Occupy Movement" の呼びかけでアメリカ全土に大きな盛り上がりを見せたのですが、非常に興味深かったのは、「Occupy Wall Street Movement」のホームページに掲げられたポスターでした。

なんと驚いたことに、アメリカ全土にメーデー参加を呼びかけるポスターが、宮崎駿のアニメーション映画『となりのトトロ』を下敷きにしていたのです。このブログの冒頭に載せておいたのが、そのポスターです。

このポスターを見ていただければお分かりのように、この映画の主人公「メイ」と「サツキ」が「トトロ」「猫バス」と一緒になって、大声でメーデー参加を呼びかけているのです。アメリカでも『となりのトトロ』がこんなにも人気があるのか、と驚かされました。

しかし考えてみれば、この映画の主人公である「メイ」も「サツキ」も、「May」と「五月」ですから、メーデーを呼びかける人物としてはピッタリとも言えます。あの話の舞台も5月初旬(5月5日=こどもの日)から始まります。

しかも、あの映画のテーマも「弱肉強食」「自然破壊」の強欲な金融資本主義とは正反対の世界です。働く民衆の「団結」と「連帯」を呼びかけるにピッタリの映画であり、それをメーデーのポスターにした「Occupy Movement」の若者たちの、アイデアの素晴らしさに感心してしまいました。

───────────────────────────────────────
なお、このメーデーの日には、アメリカだけでなく、世界中でおびただしい数の人々がよりよい労働環境や雇用保障、生活の質の向上を求めて街をうめつくしました。

May Day Protests Span the Globe with Calls for Economic Justice, International Solidarity
http://www.democracynow.org/2012/5/2/may_day_protests_span_the_globe

そして、この "We Are 99%" を掲げる民衆の大きなうねりは(軍事都市化=厳重警備にもかかわらず)シカゴで開かれる "They Are 1%" のNATO会議にむけて怒りを爆発させそうな勢いです。

As NATO Meets in Chicago, Bill Ayers & Bernardine Dohrn Condemn "Militarized Arm of the 1 Percent"
http://www.democracynow.org/2012/5/16/as_nato_meets_in_chicago_activists

しかし、肝心の日本ではどうだったのでしょうか。日本でいちばん大きな労働組合組織である連合は、5月1日の代わりに4月28日に中央集会を開き、しかも消費増税法案の成立に強い意欲を示す野田首相を招いて挨拶させるという堕落ぶりでした。これでどうして働く民衆の生活を守ることができるのでしょうか。

しかし幸いにも全労連(全国労働組合総連合)は5月1日に東京・代々木公園で中央集会を開きましたし、同日に開かれた福島県郡山市のメーデーでも、「放射能から命と生活を守ろう!今こそ脱原発!」を合い言葉に集会が開かれました。

会場となった郡山市労働福祉会館では、渡辺敦雄氏(元東芝原子炉格納容器設計者)から「福島原発事故はどうなっているのか」と題した講演が行われ、その後、被曝と労働条件の悪化と闘う報告が続いたそうです(詳しい報告と動画は下記を御覧ください)。
http://www.labornetjp.org/news/2012/0501fuku (報告)
http://youtu.be/JGcPF1h3O2k (動画)

───────────────────────────────────────
<註> この福島県郡山市のメーデーでは、昨年の「9・19さようなら原発5万人集会」における最後のスピーチで参加者の胸を大きく揺り動かしたことで有名になった武藤類子さんも参加し報告をしています(「さようなら原発5万人集会」でのスピーチは下記の動画を御覧ください)。
http://www.youtube.com/watch?v=k5Q5cRWpQaU

───────────────────────────────────────
なお、この郡山市では、放射能の汚染から子どもたちを守るために市民が「子どもたちの集団疎開」を求める裁判を起こしています。しかし、福島地裁郡山支部は、その訴えを冷酷にも却下しました。

それに抗議して、かつてバートランドラッセルがベトナム戦争でおこなったような「世界市民法廷」の開催が呼びかけられ、2月26日には「世界市民法廷in東京」、3月17日には「世界市民法廷in郡山」が開かれました。

チョムスキーが、この「ふくしま集団疎開裁判」と「世界市民法廷」にたいして支持と支援の表明 していたことを(恥ずかしながら)最近になって知りました。以下に、その内容を紹介します。

これは「ふくしま集団疎開裁判」の下記サイトに載っていたものです。
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/01/blog-post_9391.html

───────────────────────────────────────
【速報】ノーム・チョムスキーが「ふくしま集団疎開裁判」と「世界市民法廷」に支持と支援の表明

 昨年12月16日に、ふくしま集団疎開裁判に対する裁判所(福島地裁郡山支部)の判決が下されました。
 その判決は、ソ連崩壊後の混乱期に実施されたチョルノブイリ避難基準に従った住民避難にもにも劣る、また軍国主義だった日本の第二次大戦末期に実施された学童疎開にも劣るものでした。
 その判決は、我が国が人権の最貧民国に成り下がったことを世界に宣言する、人権の歴史に永遠の汚点を残し、人権保障が宣言された終戦以来の司法の歴史 65年間を失うような判断でした。
 司法もまた、今、「司法の崩壊」=機能不全の危機にあることを明らかにしました。
 このような間接民主主義の危機のとき、これを克服する一つの道は直接民主主義の行使、多くの市民の手による良識の声です。それは最初、弱々しい「つぶや き」かもしれません。しかし、その「つぶやき」が真実の力と正義の力を備えているならば、決して消えることはありません。必ず、多くの人たちの胸に届き、 受け入れられます。
 私たちがこれから開こうとする「世界市民法廷」も、そのような真実の力と正義の力を備えた市民の判断を探究し、表明するための場です。
 その「世界市民法廷」の場に、世界最高の知性と倫理と勇気を兼ね備えた思想家・アクティビストの ノーム・チョムスキーが協力を快諾してくれました。
 チョムスキーの参加により、「世界市民法廷」で探究し、表明する市民の判断が、以前にもまして、真実の力と正義の力を備えることになることを確信します。
 以下がチョムスキーからのメッセージです。

********************
On 2012/01/12, at 11:50, Noam Chomsky wrote
関連記事
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR