書評 『英語教育原論 ― 英語教師、三つの仕事、三つの危険』

────────────────────────────────────────
1月24日(金) 「秘密法」廃止を求めて3千人が国会包囲、昨年の熱気は収まることはなかった!!

http://www.labornetjp.org/news/2014/0124shasin
今後の運動および資料については下記を御覧ください。
http://www.himituho.com/

────────────────────────────────────────
 1月21日(火)の早朝に入院し、午後、白内障の手術を受け、翌日に退院しました。そして手術後の経過をみてもらうために昨24日(金)に再び病院へ行きました。今のところ経過は順調のようです。
 というわけで、やっと少しずつブログに復帰できそうです。しかし2週間以上[経過次第では1か月]、3種類の点眼薬を5分おきに1日4回も、右目にさし続けなければならないのが、私にとっては少し難行です。

────────────────────────────────────────
 さて前回のブログで、新年早々に、インド在住の日本人女性作家モハンティ三智江さまからいただいた、拙著『英語教育が亡びるとき』への書評を紹介しました。
 実を言うと、この書評が届いたときさっそく御礼メールをさしあげたのですが、折り返し、またもや次のような有り難いメールをいただきました。
 ご丁寧にご返信ありがとうございます。
 先生のご著書は難しいとのお声もあるとのことですが、私には読みやすいです。好み(嗜好、主観)の問題もあるのかもしれません。小説だけでなく、社会的なノンフィクションも結構好きですが、やはり文章のうまい人でないと、読む気がしません。
 何を持ってうまいとするか、この辺も主観が入ってきますが、先生の文章を私は好きなのだと思います。堅苦しい論文調ではなく、テーマの明確に生きた効果的な文体と思います。表現がとても的確でわかりやすいです。
 『チョムスキーの教育論』も、一気に読み通せました。南米情勢などは知識のない人には難しく感じるかもしれませんが、私は昔から国際ニュースを読むのが好きなので、興味を持って拝読させていただき、大変に勉強になりました。
 翻訳小説も若い頃好きでよく読んでいましたが、翻訳者にも本当にうなるようなうまい人がいます。直訳でなく、小説としての日本語になっている翻訳文には感心させられ、いわゆる文学の大家の訳を請け負う人には、それ相応の力量があるということを、しみじみ感じます。
 なお、すでに読み終えた『英語教育原論』につきましても、近日中にEHを通して感想を送らせていただく予定です。
 お返事のほうはどうかくれぐれもお気になさらずに、いつでもお時間のあるときで結構でございます。ご多忙の身上、くれぐれもご自愛ください。


────────────────────────────────────────
 このメールで第一に驚かされたのは、あの分厚い『チョムスキーの教育論』を一気に読み通された三智江さまの速読力(日本語力)と旺盛な知的好奇心でした。さすが受賞作家のレベルは一般の英語教員のそれをはるかに越える!と驚嘆させられました。
 というのは私の主宰する英語教育研究会の会員でさえ(あるいは私の主宰する研究所の研究員でさえ)あの分厚い本を目の前にすると、「チョムスキーの本は難しい」という先入観のせいか尻込みするひとが多く、これを一気に読み通したひとを私はあまり知らなかったからです。
 私としては、教員であるからには教育論に関心を持っているはずだ(それどころか、持つべきだ)し、まして英語の教員であるからには生成文法の創始者であり知の巨人と言われているチョムスキーが教育をどう思っているかに関心をもってほしいと思っているのに、私が主宰する研究会の会員でさえこんな状態では「英語教育界の未来は暗い」と思わざるを得なかったのです。
 ところで、上記で紹介したメールをいただいた三日後に、拙著『英語教育原論』の書評が届きました。そこで私のブログへの転載を御願いしたところ快諾をいただきましたので、以下に紹介させていただきます。
 この三智江さまの書評を通じて、安倍内閣や文科省が「教育再生」と称してとり組もうとしている「英語教育の改革」がいかに危ういものであるか、その片鱗だけでも知っていただけると有り難いと思います。

────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────
寺島先生
CCみなさまへ

インドのモハンティ三智江です。
さて、先般読了した寺島先生の「英語教育原論」(明石書店)についての感想を記させていただきます。

まず、読後感は、一教育者としての真摯な姿勢に打たれたというのが本音です。教育者の責任、それも言語を授ける者としての義務、未来を担う子どもたちに教育者が及ぼす影響は親と比較しても、優るとも劣らず、その覚悟を踏まえたうえでのよりよい未来を作っていこうとの意思が見られます。

子どもの人格形成に及ぼす影響が大であることからも、生徒を教えるとともに教える側もともに学び成長していく、そのことでまた価値ある教育が授けられ、子どもも伸びる、科目を問わず、教育者の良心というようなものを本書に嗅ぎ取った次第でした。

ちなみに、先生がかつて定時制高校の生徒さんに教えられた「見えない学力」の、集中力、持続力、計画力は、人生全般に通用する生き方指南ですね。私自身、人生方針として大切にしている三点でもあります。

リズム読みで英語の歌が簡単に歌えるようになったとの体験談も実に興味深いものでした。先生ご自身が一ヶ月かかってご習得なさったビートルズの「Yesterday」を、生徒たちがリズム読みで一週間でマスターしたとのこと、「Don’t you」を「ドンチュー」と読むなど少し書かれていますが、いったいリズム読みとはどんなものだろうと想像をたくましくしました。

先に紐解かせていただいたご高著「英語教育が亡びるとき」(明石書店)でも英語の読み方指南を授けていくにあたっての、さまざまな工夫を凝らされた教え方の技術が紹介されていましたが、現場を見てみたいとの興味を喚起させられたものでした。

アメリカのサウス・ダコタ州南西部のインディアン保留地を訪ねられたエピソードも、原作(邦訳版)「Dances with Wolves」を読んでいただけに、スー族の女性子どもを含む三百名が第七騎兵隊に虐殺された現場をご自分の目で目撃された体験は貴重で、聞く側の生徒のほうも身を乗り出してくるものと思われ、教育者として常に自己研修してともに学んでいる姿勢に感心させられました。

岐阜県にブラジル人子弟が多いという事実も初めて知りました。嫁不足の農家がフィリピン嫁をめとったり、3Kの下請工場にアジア人在住者が多いことはものの本で読んでおぼろげな知識としてもっておりましたが、まさに英語一辺倒の教育方針を見直さなければならない足元の現実ですね。白人崇拝主義に堕し、ほかの国を度外視する危険性について悟らされた次第です。英語偏重でなく、隣国の中国や韓国の言葉、在日ブラジル人が増えている現在、ポルトガル語を学ぶことなども大事ですね。

小中よりも中高一貫英語教育の重要性、小学校の英語教育でネイティヴの派遣教師の給与にかける金を、英語教師の外国研修に回したらどうかとの案も説得力のあるもので、何より、小学校の先生がたが、英語教育にプレッシャーを感じている現実、悩み苦しみながらも、自己保身から口にできない事情なども、よくわかりました。

教育現場のさまざまな問題、不登校や学校荒廃、プレッシャーから来る教師の精神疾患についても、改めてその実態を知りました。

以上、思いつくままを書き連ねてみましたが、門外漢ゆえ、的外れのことを申していたら、ご容赦ください。

年明け早々、寺島先生のご高著を二冊を拝読させていただいたことで、私のような部外者にも日本の教育の現場、英語教育の抱える問題点、さらにマクロに世界の問題、企業の利益が絡んでくる資本主義にいたるまで、社会問題にも目を向けさせられたような気がいたします。本当にありがとうございました。

未知の分野を学ばせていただいたこと、改めて篤く御礼申し上げます。今後のよりよき教育へ向けての更なるご提言、期待しております。ご多忙と存じますが、くれぐれもご自愛なさって、今年もお元気でご活躍くださいますように。

以上、拙いながら、感想に代えさせていただきました。
    
    モハンティ三智江

関連記事
スポンサーサイト

書評 『英語教育が亡びるとき:「英語で授業」のイデオロギー』

────────────────────────────────────────
99歳のジャーナリスト・むのたけじ氏(元朝日新聞、「たいまつ」発行人)が吠える ~ 臣民から脱却せよ!

1月14日、日本記者クラブで開催された「秘密保護法廃止・安倍退陣を求める共同行動」の記者会見で
http://www.labornetjp.org/news/2014/0114shasin2
「秘密保護法」廃止、国会大包囲!!(国会開会日の1月24日)
http://www.himituho.com/

────────────────────────────────────────
 インド在住の日系作家モハンティ(荒木)三智江さまから、EH研究会という英語教育関係者のメーリングリストを通じて、拙著『英語教育が亡びるとき』にたいする書評をいただきましたので、以下に紹介させていただきます。
 三智江さまのブログ「インドで作家業」には略歴が次のように書かれています。
http://blog.goo.ne.jp/michiemohanty
 <1987年インド・オリッサ州の聖地プリーに移住し、現地男性と結婚後ホテルオープン、文筆業の傍ら宿経営に携わる。著書には「お気をつけてよい旅を!」、「インド人にはご用心!」「車の荒木鬼」などがある。『文芸思潮」銀華文学賞2013佳作入賞>
 このたび三智江氏が、小説「ゆきのした秘恋」で、日刊県民福井(中日新聞傘下)主宰の「ふくい新進文学賞」の佳作に輝き、その表彰式(2013年12月23日)のため帰国されることを知りました。
 そこで拙著『英語教育原論』『英語教育が亡びるとき』を謹呈したところ、さっそく『英語教育が亡びるとき』にたいする書評をいただきました。それを読んでいたら思わずこの紙面でその内容を紹介したくなりました。
 というのは、英語教師の拙著にたいする少なからぬ感想が「先生の文章は難しい」というものでしたから、三智江さまの「一見して難しく思えることがわかりやすい的確な日本語で書かれており、文芸物が好きな私にもすんなり入り込める」という言葉が,私にとって取りわけ印象的だったからです。
 いま安倍内閣の教育再生実行会議および文科省は、日本の経済力を強化するため日本人に英語力をつけることが不可欠だとして、「英語で授業」を高校の英語授業だけでなく大学の一般教育の授業にまで拡大しようとしています。
 しかし、「一見して難しく思えることがわかりやすい的確な日本語で書かれており」「文芸物が好きな私にもすんなり入り込める」説明的文章を難しく感じる英語教師が多いとすれば、これは非常に深刻な事態だと思うからです。
 これでは行間を「ふくらませて」味読せねばならぬ文学作品は、手も足も出ないのではないでしょうか。
 しかも、母語の水準を越える外国語能力を身に付けることは、まず不可能ですから、母語の読解力(そして母語の表現力)が低ければ外国語の到達レベルもその程度で頭打ちになります。ところが文科省は英語教師の国語力がどの程度のものかも調べずに、いきなり「英語で授業」を英語教師に要求しています。これでは、英語教育の未来は暗いと言わざるを得ません。私が「英語教育が亡びるとき」と言うゆえんです。
 三智江さまのメールに触発されて、次々と書きたいことが浮かんできたのですが、次回に回したいと思います。

────────────────────────────────────────
 

────────────────────────────────────────
寺島先生
Ccみなさまへ

明けましておめでとうございます。インド在住のモハンティ三智江です。昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もくれぐれもよろしくお願いいたします。

さて、早速ですが、昨年十二月の一時帰国中、寺島先生にお贈りいただいた『英語教育が亡びるとき』を新年早々読了しましたので、感想を記させていただきます。

まず、以前に『チョムスキーの教育論』を読ませていただいたときにも感じたことですが、先生がお書きになっている日本語が素晴らしいこと、私にとっては異質のジャンルで、ご高著は、EH研究会とのご縁がなければ、紐解くことは断じてありえなかった種類の書ですが、一見して難しく思えることがわかりやすい的確な日本語で書かれており、文芸物が好きな私にもすんなり入り込めること、ブログをお読みしたときにも感じたことですが、先生の日本語は、第一級との印象を新たにいたしました。

英語教育というご専門を究められていくなかで、ことばを操る者としての責任に目覚められ、翻訳にあたっても、ご自分で書かれるにあたっても、的確かつわかりやすい説明・描写を心がけている努力が感ぜられます。

英語の前に母国語をまず究めることの大切さが書かれていますが、そのお手本のような日本語で、門外漢の私が惹かれるのはひとえにその表現としての母語の流暢さです。読ませる筆力をもってらっしゃるがゆえに、英語教育の話も、興味深いトピックとしてすんなり入ってくるのです。

アメリカの貧困も、前著やブログをご拝読させていただき、初めて知った事実で、本書にも書かれている大方の英語の先生同様、自由で豊かな民主主義国家とばかり思い込んでいたもので、意外な実態にびっくりしました。

英語教育と政治の問題も、ちょうど文学と政治の絡み、作品に社会的メッセージを盛り込むや否やを悩んでいた私には、ぱっと目の前が明るくなるような啓示を得ました。右か左ではなく、真実にのっとること、真実を書くこと、それがまさしく表現者の責任かもしれません。いえ、そうであるべきです。

英語が語彙が多すぎて沼のようなもので、切りがないというくだりにも共感。失礼ながら、英語の専門家でおられながら、先生ご自身にもそのもどかしさのようなものが感ぜられ、親近感を覚えました。

私自身も、インドに移住以降、英字紙を読んで二十六年、日本語を読むペースで普通に読めるようになりましたが、そのつど意味不明の単語が出てくる、それをいちいち辞書を引いていたら、時間がかかってしょうがないので、飛ばして前後の文脈から推測する、これが私の英語の早読み方です。時間のあるときだけ、辞書を引くようにしていますが、そうすると、勝手にこうと思い込んでいた単語の意味がまったく別の意味だったりで、愕然とする始末です。単語ひとつにも意味がいっぱいあるし、いくら覚えても切りがない英語にお手上げといいたくなるときです。

ご高著の終盤は、読み方指南書、文章作法にもなっているように思え、大変勉強になりました。説明的文のしぼって読むと、文学作品のふくらませて読む、説明と描写の違いなど、英語教育には門外漢の私も(一応英語の教養課程は取っており、免状はもっているのですが、本書にもあったように、将来を見越してとっておくか程度の動機でした)、普段読み書きに携わる文筆業者にとっておろそかにできぬ示唆がありました。

全体を通して読んで、なぜ先生が文科省の新指導要領「英語で授業」に反対なさるのかが、関与文献からの引用や、表などの図解で納得いく説明で書かれているので、よくわかりました。外国語教育は「母語を耕し、自分を耕し、自国を耕す」ためにあるべきとは、けだし名言です。
 移住者である私がもじると、外国在住(海外見聞)は、「母語を耕し、自分を耕し、鏡として自国を新たに振り返る二重思考を育てる」ということになるでしょうか。移住以後もずっと、母語で情報発信してきましたが、日本の活字が氾濫する市場から遠ざけられたことが、昔の古きよき日本語を温存するに期せずして役立ったような気がします。その反面、手を伸ばせば届く距離に和書がなく思う存分読めなかったことが、ハンデともなっているのですが。

日本語にしろ、英語にしろ、読むことは大事ですね。量を読むことによって、語彙が培われる。英語の読み書きをしっかりしておけば、自然会話力もついてくる、その通りだと思います。

英語教育に携わる方々の時間的余裕がないプレッシャー、ストレスも改めて知りましたが、フィンランドのように自由裁量で海外研修、それも欧米のみならず、アジア、ラテンアメリカほかの世界を見る目、その過程で英語以外の外国語を学ぶ余裕がもたらされることを祈ってやみません。

お忙しいと思いますが、みなさまどうぞインドにもお訪ねください。価値観が転倒するカルチャーショック国で、人生の命題について深く考えさせられる精神大国です。英語が通じますので、英語教育者の方々には比較的旅しやすい国かと存じます。

以上、拙いながら、思うがままに書き連ねましたが、的外れのことを言っている箇所がありましたら、くれぐれもご容赦ください。

寺島先生ならびにメンバーの皆様には、今後ともご指導ご鞭撻のほどくれぐれもよろしくお願い申し上げる次第でございます。

追記
特定秘密法後法案についての卓見もありがとうございました。先生のブログで、浦島太郎の私もよりよき理解を得たような気がします。重ねて御礼申し上げます。

関連記事

迎春2014 「私の年賀はがき」

────────────────────────────────────────
世界で最も知られた二大英字紙(New York Times, The Guardian)がスノーデン氏の恩赦を要求

http://rt.com/usa/nytimes-guardian-snowden-clemency-089/
Newspapers urge US government to give clemency to Snowden

────────────────────────────────────────
「あけましておめでとうございます」と言いたいところですが、今の政治情勢を見ていると、とてもその気にはなれません。その憤りをこのブログで吐き出したいと思うのですが、昨年末から急に右目の白内障が悪化して、書けなくなってしまいました。

 書きたいことが山積しているので左の目だけで書こうとすると、今度は偏頭痛や肩こりがひどくなって、体の調子がおかしくなります。眼科医からも「パソコン画面を見て仕事をするは30分を限度にしてください」と言われて困っています。

 そんなわけで新年の挨拶として「安倍首相の靖国参拝」にたいする世界の反響など書きたいことが溜まっていたのですが、今回それは涙を呑んで断念することにしました。

Yasukuni shrine visit: Japan beating wardrums after years of pacifism
http://rt.com/op-edge/japan-crimes-fascism-wwii-948/(29.12.2013)
Japanese PM Revives Militarist Traditions. “Japan Closely Integrated into US War Preparations against China”
http://www.globalresearch.ca/japanese-pm-revives-militarist-traditions/5362767 (Dec27, 2013)

 その代わりに知人に送った年賀状をここに掲載することにしました。読者の皆さんのご了解をいただければ幸いです。
 (実は、この年賀状でさえ、左目だけで文章を作成し、筆を使い左目だけで宛名書きをするのに、昨年12月30日(火)丸一日を要してしまいました。)


<註> この1月21日に入院して白内障の手術をします。この手術が終われば、また元のようにブログに復帰できるのではないかと期待しています(ただし心臓のバイパス手術をしたあとの経過が必ずしもよくないので、少々徹夜しても平気だった元の体に戻るのは、残念ながら、もう叶わぬ夢かも知れません)。

────────────────────────────────────────



<註1> 上の年賀はがきに書かれている「寺島研究室ホームページ」のURLは、クリックしても該当箇所にリンクしていないようなので、代わりに下記URLを御覧ください。
http://www42.tok2.com/home/ieas/

────────────────────────────────────────
<註2> 2014年を「秘密保護法」廃止の年にしよう!の具体的な呼びかけは下記にあります。
http://www.himituho.com/ 
エネルギー基本計画案が現在、パブリック・コメントにかけられています。締め切り(不当に短い!)が迫っています
http://chn.ge/1fTOE7t
オンラインでは下記から提出できます。
http://p.tl/-Bh8

関連記事
検索フォーム
プロフィール

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR