FC2ブログ

中日新聞インタビュー「これは教育政策ではなく経済政策である」―― 大学入試「民間委託試験」を岐阜県立看護大学が見送り

英語教育(2019/08/15) 香港「逃亡条例」、カンフー(中国拳法)、ジャッキー・チェン(Jackie Chan)、大学入試「英語」の民営化=民間委託、イラン戦争に向けた「有志連合」、全て英語で指揮・命令される軍事行動

香港「逃亡条例」抗議デモに抗議声明を発表するジャッキー・チェン
ジャッキー・チェン
https://on.rt.com/9zws
 香港では相変わらず「逃亡条例」に反対するデモhttps://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=349が荒れ狂っています。
 この抗議デモに参加する若者が(中国国旗を海に投げ捨て)アメリカ国旗を振り回したり、香港在住のアメリカ大使館員がデモの若者を激励している映像が流れたりして、この抗議デモを裏で動かしているのは誰かが、ますます明らかになってきました。
 それを端的に示すのが、有名なカンフー映画の俳優ジャッキー・チェン(Jackie Chan)でした。香港生まれでアメリカに移住しているにもかかわらず、現在の「抗議デモ」に抗議することを、公の場で正式に表明したからです。

*Hong Kong native Jackie Chan takes part in pro-Beijing campaign to protect national flag
「香港生まれのジャッキー・チェンが中国国旗を守るため「抗議デモ」に抗議する」

https://www.rt.com/news/466444-jackie-chan-china-protests/

 このようにアメリカ政府はイランや中国に対する包囲網を強化し「不安定化工作」を煽っているのですが、それに全面的に協力しているのが我が安倍政権です。今ではイランを包囲し、あわよくば戦争に持ち込もうとする「有志連合」に、安倍政権は先頭に立って参加しようとしています。
 この「有志連合」は、欧州諸国でさえ参加を躊躇しているのに、安倍政権は、アメリカ軍の指揮の下で、自衛隊を積極的に参加させようとしているのです。そこで先ず必要になるのは英語力です。米軍の英語による指揮を理解しなければならないからです。大学から小学校まで英語一色にしようとしているのは、このためだったのかという疑いすら出てきます。
 それに輪をかける動きが大学入試「英語」の民間委託です。これについては、先日、中日新聞から取材の依頼があり、その記事が2019年8月9日号に載りました(後掲)。その記事の最後あたりで、私が「四技能を試験で測るのはナンセンスだ」と語ったことになっていますが、これは「四技能を民間試験で測るのはナンセンスだ」の誤植ですからご注意ください。

中日新聞インタビュー記事20190804 入試に民間試験370

<註>
先日、次の記事を見つけたので追加しておきます。
* 日本も参加要請されている「有志連合」から、ドイツがいち抜けた!
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/08/post-12711.php
(ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト)
関連記事
スポンサーサイト



香港デモとベネズエラ――アメリカの「不安定化工作」と闘う民衆

国際教育(2019/08/03) 香港の「逃亡条例」、不安定化工作、ベネズエラの全土に及ぶ停電、メキシコ=チアパス州の先住民組織「サパティスタ」
「サパティスタ」の実質的な指導者だったマルコス副司令官
サパティスタ

 前回のブログで、香港の「逃亡条例」反対デモについて、下記のような題名で若干のコメントを書きました。
*香港「逃亡犯条例」反対デモにおけるアメリカの役割、中国への「不安定化工作」
http://tacktaka.blog.fc2.com/blog-entry-347.html (07/11)

 すると、長周新聞(2019年7月17日)が私のブログ「百々峰だより」を取りあげて、他の研究者の考えも紹介しつつ、更なる解説を付けてくれました。
 そこで、本ブログの末尾にそれを紹介することにしたいと思いますが、私は香港デモの光景をみていて、すぐに浮かんだのはベネズエラの反政府デモでした。

 あのマドゥーロ政権に対する反対デモで乱暴狼藉の限りを尽くしているのは、ベネズエラの富裕層に属する若者たちです。貧困に苦しむ民衆は、ほとんどがマドゥーロ政権を支持しています。
 ところが欧米のメディアも日本のメディアも、マドゥーロ独裁政権が民衆を苦しめているという報道で満ちあふれています。政権転覆を目指すアメリカの不安定化工作に言及している大手メディアは皆無です。

 最近では、ベネズエラの発電設備に対する攻撃で、全土のあちこちが停電に追い込まれるという事態になりました。このような人権侵害・過酷な攻撃にたいしてもベネズエラ民衆は、揺らぐことなく、アメリカの攻撃に耐える姿勢を堅持しています。
 このベネズエラの現状について、私の敬愛する物理化学者・藤永茂氏は、93歳にもなる老軀を押して、氏のブログ「私の闇の奥」で、大手メディアの報道ぶりを怒りを込めて
告発しています。ぜひご一読いただければ幸いです。
*「ベネズエラについての報道」
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/8aaeaab21d468e844d21bd99830af85d

 また、ベネズエラ民衆の地を這うような闘いについて藤永氏は、同時に、次のような連載記事も書いています。氏はベネズエラ民衆の闘いを、メキシコの先住民「サパティスタ」の闘いと重ね合わせて解説していて、実に啓発させられました。
* サパティスタは強くなり大きくなりつつある(1)~(5)
https//blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/9184425477be7c02923c475c9c7000e4
https://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/e/7cf523f9ed9d99be087d863de6b0915c

 他方、中国包囲網の一環として、安倍政権は、アメリカの指示に従って韓国に対する経済制裁=輸出規制を強化しました。しかし、このような輸出規制はブーメラン効果となり、弱り切っている日本経済をさらに弱化させるでしょう。
 最近の参議院選挙で、山本太郎の率いる「れいわ新撰組」が、大手メディアの無視にもかかわらず、大量の得票を獲得し政党として認められる存在になったことは、安倍政権による上記のような外交経済政策=「民衆いじめの政策」にたいする反感を如実に示すものとなりました。
 日本の未来にひとすじの光を見る思いがしました。


長周新聞『香港』20190717354


<註> 関連記事として下記のものがあることに、あとで気づきました。
*「CIAと香港」
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201907300000/(櫻井ジャーナル2019.07.30)

関連記事
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR