FC2ブログ

ブーメラン効果――アメリカは自分の仕掛けた戦争で苦しんでいる?、その4

総合文化(2020/04/21) 連載の目次
1 はじめに
2 なぜイランだけでなくイタリアにも新型コロナウイルスがなのか
3 なぜアメリカは今になって新型コロナウイルスで苦しんでいるのか
4 新しい事態への新しい視点
4-1 「アメリカ発」であることを示唆する数々の論考
4-2 キューバの活躍で知る「コロナウイルスとの新しい闘い」
4-3 新型コロナウイルスは本当に怖い病気なのか
4-4 新型コロナウイルスよりも怖いのは癌やインフルエンザ
(前回まで、以下は今回)
5 おわりに――長周新聞に寄せられた反響
追記1 韓国もアメリカのターゲットだったのか
追記2 韓国はなぜ新型コロナウイルスと有効に闘うことができたのか
追記3 中国で新型コロナウイルスと有効に闘うことができた薬の数々


在韓米軍による細菌実験施設の説明会で「無条件撤去」を求めて抗議する釜山市民(昨年12月)
韓国の米軍細菌施設に抗議する釜山市民
https://www.chosyu-journal.jp/kokusai/15219


 イタリアだけでなく韓国も新型コロナウイルスの激発に襲われたことは、拙論でも書きましたが、その理由のひとつがムン・ジェイン(文在寅)大統領の外交姿勢にあったのではないかと推測しています。
 これについては、私は長周新聞連載の拙論で「追記」として次のように書きました。

 それを詳しく説明するゆとりがないので私の推測を先に言わせていただければ、現在の大統領ムン・ジェイン(文在寅)氏の外交政策がアメリカにとって目障りになったということではないかと思います。その大きな一つが北朝鮮との宥和政策であり、中国やロシアとの友好関係をいっそう進めようとする文氏の外交姿勢ではなかったのか。
 もう一つは、文大統領が、トランプ政権の要求する「韓国の防衛費分担金」拒否を貫いているからではないか、と思うのです。アメリカは去年の5倍にのぼる50億㌦(約5600億円)もの大金を要求しているのですから拒否するのが当然とも言えますが、アメリカの言いなりになっている安倍政権では考えられない姿勢です。


 ムン・ジェイン(文在寅)大統領の政治姿勢がこのようなものですから、4月15日におこなわれた総選挙で与党が圧勝したことは、本当に喜ばしいことでした。ですから私たちが、韓国の民主主義から学ぶべきことは、数多くあるように思います。
 たとえば、釜山港8埠頭の基地から生物化学兵器用の細菌の持ち込んだことを、昨年12月20日、在韓米軍が認め、同基地に設置された実験施設「生物化学防御プログラム(セントー)」について、現地で説明会を開きましたが、住民の怒りは強まる一方で、実験施設の撤去を求める住民運動が釜山で急速に強まっています。

 他方、我が国はどうでしょうか。今度のコロナウイルス騒ぎを口実に、安倍政権は再び非常事態宣言を出しました。そして大手メディアを利用して国民にコロナウイルスへの恐怖を煽りつつ、それに国民の目が奪われているうちに、重要な法改正案がまともな審議も経ぬままに成立させられようとしています。
 法案のなかには、日本の農業のあり方や食の安全を大きく変える種苗法改定、年金支給開始年齢を75歳まで引き上げる年金改革関連法案、検察官の定年を延長する内容を含んだ国家公務員法等の一部を改正する法律案などがあります。このままでは食糧の自給率は下がる一方ですし、「死ぬまで働け」という恐ろしい社会になりそうです。

 それはともかく、長周新聞で2回連載された拙論のうち、今回は第2回目の全てを以下で紹介させていただきます。目次は次のとおりです。
5 おわりに――中秋新聞に寄せられた反響
追記1 韓国もアメリカのターゲットだったのか
追記2 韓国はなぜ新型コロナウイルスと有効に闘うことができたのか
追記3 中国で新型コロナウイルスと有効に闘うことができた薬の数々

 なお、先述したとおり、この2回連載が長周新聞WEB版では一挙にすべて掲載されています。この新聞版が読みにくいという方は、下記のブログ版を読んでいただければ有り難いと思います。
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/16460



長周新聞20200408ブーメラン効果5
長周新聞20200408ブーメラン効果6
関連記事
スポンサーサイト



ブーメラン効果――アメリカは自分の仕掛けた戦争で苦しんでいる?、その3

総合文化(2020/04/21) 連載の目次
1 はじめに
2 なぜイランだけでなくイタリアもねらわれたのか
3 なぜアメリカは今になって新型コロナウイルスで苦しんでいるのか
4 新しい事態への新しい視点
4-1 「アメリカ発」であることを示唆する数々の論考
(前回まで、以下は今回)
4-2 キューバの活躍で知る「コロナウイルスとの新しい闘い」
4-3 新型コロナウイルスは本当に怖い病気なのか
4-4 新型コロナウイルスよりも怖いのは癌やインフルエンザ


キューバが開発した新薬「インターフェロン・アルファー2B」
インターヘロン・アルファー2B

 ノーベル賞受賞者の山中伸弥とか本庶佑(ほんじょ・たすく)といった諸氏でさえ、今度のコロナウイルスは猛毒のウイルスであるかのように言って「1ヶ月の自宅謹慎」を呼びかけるという、バカげた雰囲気になってきました。
 これでは国民全員の「携帯電話の個人情報」を政府に提出させて国民監視体制を強化したいと思っている安倍政権の思う壺でしょう。
 しかし、すでに中国は新型コロナウイルスをほぼ制圧していますし、韓国も「ドライブスルー検査」「ウォーキングスルー検査」などをおこなうことによって、感染者の拡大は峠を越えたと言われています。
 このように中国や韓国では新型コロナウイルスとの闘いは成功しているのに、ノーベル賞受賞者の山中伸弥とか本庶佑(ほんじょ・たすく)といった諸氏でさえ、このような事実を知らないのか、「今回のウイルスは容易ならざる敵であり、これとの闘いは1年以上もかかるかも知れない」と言っているのですから、信じがたい事態です。
 キューバが開発した「インターフェロン・アルファー2B」は中国で大きな威力を発揮しているのですから、キューバから輸入すればよいだけでしょう。アメリカ人に遠慮しているから感染者は増えるばかりですし、感染者が増えても致死率は低いのですからパニックになる必要もありません。
 また韓国では4月15日におこなわれた総選挙(定数300)で文大統領率いる与党「共に民主党」が180議席を獲得して圧勝しましたが、その要因の一つに新型コロナウイルス対策の成功が国民の支持を受けたことがあげられています。このようなことも、山中伸弥とか本庶佑(ほんじょ・たすく)といった諸氏は知らないのかも知れません。

 それはともかく、長周新聞で2回連載された拙論のうち、今回は第一回目の後半部を以下で紹介させていただきます。目次は次のとおりです。
4 新しい事態への新しい視点
4-1 「アメリカ発」であることを示唆する数々の論考
(前回まで、以下は今回)
4-2 キューバの活躍で知る「コロナウイルスとの新しい闘い」
4-3 新型コロナウイルスは本当に怖い病気なのか
4-4 新型コロナウイルスよりも怖いのは癌やインフルエンザ

 なお、先述したとおり、この2回連載が長周新聞WEB版では一挙にすべて掲載されています。この新聞版が読みにくいという方は、下記のブログ版を読んでいただければ有り難いと思います。
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/16460



長周新聞20200408ブーメラン効果3
長周新聞20200408ブーメラン効果4

関連記事

ブーメラン効果――アメリカは自分の仕掛けた戦争で苦しんでいる?、その2

総合文化(2020/04/21) 今回掲載の目次
1 はじめに
2 なぜイランだけでなくイタリアにも新型コロナウイルスがなのか
3 なぜアメリカは今になって新型コロナウイルスで苦しんでいるのか
4 新しい事態への新しい視点
4-1 「アメリカ発」であることを示唆する数々の論考

イタリア援助のためミラノに到達したキューバの医療団
キューバの医療団


 長周新聞に書いた「新型コロナウイルスを口実とした『緊急事態宣言』の法制化を許してはならない」(2020年3月10日)という論考をふまえて、私は前回のブログで、「ブーメラン効果――アメリカは自分の仕掛けた戦争で苦しんでいる?」と題する小論を書きました。
 その小論を改めて長周新聞に送ったところ、2回にわたって連載してくれました。その基本的な論旨は、「中国・武漢市における新型コロナウイルスの蔓延がアメリカの仕掛けた細菌戦だった」という仮説が正しいとすれば、仕掛けたはずのアメリカが今なぜ新型コロナウイルスで苦しんでいるのか、という点にありました。
 ここでは、それを再論しても仕方がないので、長周新聞の2回連載を、このブログでは3回に分けて紹介したいと思います。というのは連載1回目(4月8日)は新聞の1面全部と2面のほぼ全てを使って掲載されたので、このブログでは、それを2回に分けて載せた方が読みやすいのではないかと考えたからです。
 なお、この2回連載が長周新聞WEB版では一挙にすべて掲載されていました。このブログで3回に分けて紹介した新聞版が読みにくいという方は、下記のブログ版を読んでいただければ有り難いと思います。

https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/16460



長周新聞20200408ブーメラン効果1
長周新聞20200408ブーメラン効果2

関連記事
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR