ウクライナ情勢の読み方(番外編)―元CIA高官は語る 「IAEA事務局長・天野之弥はアメリカの傀儡(かいらい)だ」

────────────────────────────────────────
元CIA高官レイ・マクガバン
 

────────────────────────────────────────
 ウクライナでは、アメリカに支援された勢力が武装してクーデターを起こしました。それに異を唱えて「連邦制」などの強力な自治を求める東ウクライナのひとたちを、今度は「テロリスト」と称して武力鎮圧するという事態が続いています。
 オデッサの惨劇については前回のブログでお伝えしたとおりですが、極右勢力やネオナチが実権を握っている暫定政権を、EUやアメリカが抑えないかぎり状況はますます深刻化していくでしょう。今ではジャーナリストまで拘束される事態になっているのですから。
 しかし日本の大手メディアは相変わらずオバマ政権の命にしたがってロシア制裁に加担するようです。これでは「集団的自衛権」なるものが認められれば、アメリカの「嘘で固められた戦争」に自衛隊を派遣せざるを得なくなり、莫大な血税を無駄づかいさせられることになるでしょう。そして自衛隊員の命も。
────────────────────────────────────────
 今回からは英語教育について書くつもりでしたが、そこで急遽、予定を変更し、ウクライナ情勢の読み方(番外編)として、CIA高官レイ・マクガバン氏の発言を翻訳して紹介することにしました。
 マクガバン氏は、元CIA 上級分析官で、ブッシュ(シニア)大統領への日例指示 [PDB:President's daily briefing] の作成、国家情報評価 [NIE: National Intelligence Estimates] の主任を務めたほどの高官でした。
 また27年間の勤務の最初の10年はロシアの外交政策を担当しました。現在は、アメリカの情報機関を退職したひとたちが結成した「諜報活動の乱用を批判する団体」(VIPS:Veteran Intelligence Professionals for Sanity)の運営委員を務めています。
 なお以下の翻訳は、DemocracyNow!(2014/03/03)で放映されたディベートのマクガバン発言、しかもその一部です。この番組で、マクガバン氏の論争相手として登場したティモシー・スナイダー氏は高名なイエール大学の歴史学教授です。
 マクガバン氏は、自称「レベラル左派」のスナイダー氏がウクライナの現状を「独裁者に抗して立ち上がった民衆」という単純な図式でしか見れないのは驚くばかりだ、と反論していました。

────────────────────────────────────────
<註> なお時間がある方は下記のブログをもう一度読み直していただければ幸いです。そうすれば、マクガバン氏の主張をもっとよく理解していただけると思うからです。
ウクライナ情勢の読み方(5):クーデターの主役NGO
― CIAに取って代わった、USAID「アメリカ国際開発庁」&NED「アメリカ民主主義基金」
http://pub.ne.jp/tacktaka/?entry_id=5247034

────────────────────────────────────────
キエフ大公国


────────────────────────────────────────
翻訳:元CIA高官は語る 
「IAEA事務局長・天野之弥はアメリカの傀儡だ」
http://www.democracynow.org/2014/3/3/who_is_provoking_the_unrest_in

────────────────────────────────────────
レイ・マクガバン(RAY McGOVERN):
 幾つかのことを言っておきたい。誰がこの民衆蜂起を操っているかだ。それがはるかに重要だ。
 バーレーンを見てみろ。シリアを見ろ。程度の問題はあれ、エジプトでさえ、そうだ。これらの運動で初めは民衆が決起した。
 問題は「その運動を誰が乗っ取ったか」だ。誰が運動に火をつけたか?さらに誰がその火に油を注いだか?自分たちの戦略的利益のために。
 ウクライナで起きたことを見れば、それは一目瞭然だ。
 そのようなことは、昔はCIAの仕事だった。自分の体験からしても、それは、れっきとした事実だ。いいいかい、それが今はNEDの仕事になっている。ウクライナでは、「アメリカ民主主義基金」(NED: the National Endowment for Democracy)によって、何千ドルもの札束が投入され、62ものNGO事業が進行していた。
 こんなことを言うと、それはしばしばロシア人の被害妄想として一蹴される。だが、いいかい。我がアメリカは、実際そのようなことをやっているんだ。東ヨーロッパや他のところでやってきたことを、このウクライナでもやっているんだ。

────────────────────────────────────────
レイ・マクガバン(RAY McGOVERN):
 もはやソ連など存在しないんだ」というお説教をありがとう。だけどロシアの国益は存在する。それは9世紀からずっと存在している。分かるかね?
 ロシアはそこから始まった。今のキエフを首都とするキエフ大公国がロシアの起源だ。だから、はるか昔にさかのぼる。その後の歴史は省略して、まあ、こうしてロシアとウクライナは現在に至っているわけだ。
 ところでウクライナ大使館にいるジェフリー・ピアット(Geoffrey Pyatt)とは何者か。ピアットは国務省高官のひとりで、上からいわれたとおりのことをする人物だ。自分ではCIAの一員か何かのように思っているようだ。今じゃCIAはこんなことはほとんどしないからね。それで国務省が肩代わりしなければならないってわけだ。
 それはともかく、ピアットとは何者か。彼はむかしオーストリアのウイーンにいた。ウイーンで何をしていたのか。彼は天野之弥の選挙運動の参謀だった。天野之弥を国際原子力機関 (IAEA:the International Atomic Energy Agency)の事務局長にするつもりだったからね。なぜって、アメリカは事務局長のエルバラダイを嫌いだったから、一刻も早くエルバラダイを放逐したかったんだ。
 アメリカは天野之弥の一件をよく知っていた。それはウイーンのピアットから送られた電信で明らかだ。これはウィキリークスで暴露されたことだが、ピアットは興奮してこう言っている。
 「天野之弥はいま幸せの絶頂だ。俺たちが全力で支援して事務局長にしたんだからね。それでいま天野はもう少し金をくれと要求してきている。自分のオフィスを改造する金を欲しいってわけだ。」
 このことからすると、いま国務省の連中がやっていることは明々白々だ。CIAに倣(なら)った自分流の秘密工作だ。ねらった獲物を手に入れるための秘密工作で、IAEAの事務局長選挙も大成果だった。
 そしてピアットは今、ビクトリア・ヌーランド(Victoria Nuland)の命にしたがって行動している。彼女は言わばネオコンの一員であり国務省の女王だ。ヨーロッパ担当の国務省副長官(国務次官補)で、自分じゃ国家のために尽くしているつもりだ。しかしクッキーなんぞ配って、誰の利益にもなっていないことをやっているんだ。

────────────────────────────────────────
<註> アメリカの思考法や行動の仕方について述べた下記のチョムスキー論考も、今回の事件を考える大きなヒントを与えてくれると思います。
翻訳:チョムスキー「世界はアメリカの所有物だ」(2008/01/01)
http://www42.tok2.com/home/ieas/Chomsky_AmericanProperty080806.pdf
なお、マクガバン氏の発言原文は次のとおりです。
出典:Who Is Provoking the Unrest in Ukraine?
―A Debate on Role of Russia, United States in Regional Crisis
http://www.democracynow.org/2014/3/3/who_is_provoking_the_unrest_in


RAY McGOVERN:
  Well, a couple of things. You know, it really depends more on who seizes control of these uprisings.
  If you look at Bahrain, you know, if you look at Syria—even Egypt, to an extent—these were initially popular uprisings.
  The question is: Who took them over? Who spurred them? Who provoked them even more for their own particular strategic interests? And it's very clear what's happened to the Ukraine.
  It used to be the CIA doing these things. I know that for a fact. OK, now it's the National Endowment for Democracy, a hundred million bucks, 62 projects in the Ukraine.
  So, again, you don't have to be a paranoid Russian to suggest that, you know, they're really trying to do what they—do in the Ukraine what they've done in the rest of Eastern Europe and elsewhere.

────────────────────────────────────────
RAY McGOVERN:
  Well, I appreciate the lesson as to how the Soviet Union doesn't exist anymore. Russian interests exist, and they have since the ninth century, OK?
  That's where Russia began, you know, Kievan Rus', in Kiev. And so, this goes back a long way. Now, fast-forward to today.
  Who is Geoffrey Pyatt? Well, Geoffrey Pyatt is one of these State Department high officials who does what he's told and fancies himself as a kind of a CIA operator, because now the CIA doesn't do much of this stuff, and so State Department have to do it.
  Now, who is he? He was in Vienna. What was he doing in Vienna? He was orchestrating the election of Amano, Amano to be head of the IAEA, the International Atomic Energy Agency, because they didn't like Baradei, the guy that they tried to get rid of earlier.
  But they knew that Amano—and it's clear from cables from Vienna, from Pyatt, released by WikiLeaks, that Pyatt was glowing and saying, "Amano is so happy for all our support in making him head of the IAEA, and now he's asked us for a little bit more money, because he'd like to fix up his office."
 I mean, it's so apparent what State Department types now are doing, in a self-styled sort of covert action, political action sort of thing, so to create the right results. And the IAEA is a big deal, OK? Pyatt played a very crucial role in that, and now he's doing the bidding of the likes of Victoria Nuland, who I would describe as a neocon, prima donna assistant secretary of state for European affairs who is doing our country—doing no one any good, cookies or not.
  
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR