元司法長官エリック・ホルダー、ウォール街と政界との「回転ドア」人事

「回転ドア」、the Revolving Door、元司法長官エリック・ホルダー、Eric Holderアメリカ理解(2015/07/09)
────────────────────────────────────────
U.S. Attorney General、Eric Holder
Holder.jpg
http://rt.com/usa/272050-justice-dept-possible-deal-snowden/

────────────────────────────────────────
 共同通信(7月6日)によれば、このたび司法長官を辞任したエリック・ホルダー氏は、司法省長官となる前の8年間に勤務していた法律事務所(コビントン&バーリングCovington & Burling)に復帰します。
 コビントン法律事務所の顧客リストには、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、シティグループなど、金融危機における役割に対しホルダーが司法長官として訴追を怠った大手銀行の多くが含まれています。
 つまり、あれだけ世界を大混乱におとしれた金融危機の張本人は、誰一人として牢屋に入っていません。それどころか政府から手厚い資金援助を受け、経営者は倒産どころか巨額のボーナスを手にしています。
 いま世界中の話題になっているギリシャの金融危機も、もとをただせばアメリカの巨大金融会社ゴールドマンサックスが当時のギリシャ政府に不正な会計帳簿のしかたを伝授してギリシャ国債を食いものにしたことに端を発しています。ギリシャ国民は、そのつけをいま払わされているわけです。

 ところで、コビントンCovington法律事務所に勤務中のホルダーの顧客は、超富裕層への脱税指南で有名になったスイスの巨大銀行UBS、バナナなどの果物産業で有名なチキータ(元のユナイテッド・フルーツ)を含んでいます。
「UBSは脱税者名を開示せよ」ニューヨーク・タイムズ、2010年6月17日
http://www.worldtimes.co.jp/wtop/paper/html_fr10/sr100621.html
 アルベンス政権以前のグアテマラでは超富裕層が全人口の3%が国土の70%を所有しており、著しい貧富の格差がありました。しかしユナイテッド・フルーツ社は農園経営においてグアテマラの超富裕層と結託していました。
 グアテマラで1954年に新政権が誕生したとき新大統領アルベンスが選挙の公約どおり大規模な農地改革を実行しそうなのを見て、既得権益を失うことを恐れたユナイテッド・フルーツ社はCIAと手をつないでクーデターをおこない、その後に軍事独裁政権を据えました。

 それはともかく、エリック・ホルダー氏は、コロンビア大学ロースクールを卒業したあと、2001年にCovingtonに入社する前まで、コロンビア地区連邦検事などの司法畑を歩いてきたわけですから、これほど見事な「回転ドアthe Revolving Door」「公職と民間企業を行ったりきたりする」人事はないでしょう。
 ローリング・ストーン誌の辣腕ジャーナリスト、マット・タイビ氏は「銀行家の投獄を拒み続けた元司法長官エリック・ホルダー氏の人事は、われわれがこれまで目にしてきた中でも最大級の回転ドア人事だ」と言っています。
Matt Taibbi: Eric Holder Back to Wall Street-Tied Law Firm After Years of Refusing to Jail Bankers
http://www.democracynow.org/2015/7/8/eric_holder_returns_to_wall_street
 しかし、このような人物を司法長官に選んだのはオバマ氏ですから、これを見ただけでも今のアメリカ政界が、チョムスキーの言うように「胴体が一つで頭が二つ」の怪物であることがよく分かります。民主党であろうが共和党であろうが大差ないのです。
 エリック・ホルダー氏の「回転ドア」ぶりを見れば、しかもホルダー氏を任命した大統領がハーバード大学ロースクールを卒業し元シカゴ大学で教えた憲法学者だったのですから、アメリカ国民が政治に絶望しているのも無理はありません。

 しかしだからこそ、ギリシャの緊縮財政に反対する民衆運動はアメリカの国民に新しい希望を与えてくれたのでしょう。
 というのは、社会主義者を公言しているバーニー・サンダース上院議員(これまでは無所属)が民主党の大統領候補として立候補し、先週、ウィスコンシン州のマディソンで演説したとき、1万人以上の聴衆を集めたからです。
 この数は、ヒラリー・クリントンを追い抜いて、2016年の大統領選の候補者がこれまで集めた最大の聴衆数です。
 さらに今週の7月6日、サンダースはメイン州のポートランドで9000人の前で演説して、次のように述べています。そして、このサンダース氏の「緊縮政策反対」の立場は有権者の共感を呼んでいます。
 「ギリシャ国民が、貧困者、子供・病人・老人に対するさらなる緊縮に『ノー』と言ったことを称賛する。巨大な富と所得の大きな不平等があるこの世の中に、より多くの失業と苦しみではなく、より多くの仕事と収入を生み出す経済を作ろうとしているギリシャの取り組みをヨーロッパは支援するべきだ。」
A Socialist Surge in the U.S.? Bernie Sanders Draws Record Crowds, Praises Greek Anti-Austerity Vote
http://www.democracynow.org/2015/7/7/sen_bernie_sanders_self_described_socialist

 安倍政権は消費税を上げ、福祉・医療・介護などの予算を大幅に削減して、弱者に緊縮財政を強要する一方、富裕層や大企業には減税し、アメリカと一緒になって戦争するための軍事予算を拡大することのみに熱心です。
 私たちもギリシャの運動からエネルギーをもらう必要がありそうです。

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR