FC2ブログ

なぜ文科省は自発的「植民地化」に邁進するのか――季刊誌『IB』2018夏季特集号の巻頭インタビュー

英語教育(2018/09/15) 「自己家畜化」の英語教育、「ザルみず効果」の英語教育、「外資・教育産業」を儲けさせるための英語教育、←→「母語を耕し、自分を耕し、自国を耕す」ための英語教育

 私へのインタビューが、季刊誌『IB: Information Bank』2018夏季特集号で、「なぜ文科省は自発的『植民地化』に邁進するのか」という題名で、巻頭のトップ記事になっていたので驚愕してしまいました。
 この雑誌を長周新聞に送ったところ、8月27日号の文化欄に、「英語教育『植民地化』の狙いとは」という題名で、このインタビュー記事が紹介され、2度ビックリという事態になりました。
 そこで前回のブログでは、この長周新聞の記事を紹介したわけですが、今回は、季刊誌IBのインタビューそのものを以下に紹介させていただきます。6頁にもおよぶ長いものですが、よろしくお付き合いいただければ幸いです。
IB20180914114.jpg
IB20180914115.jpg
IB20180914116.jpgIB20180914117.jpg
IB20180914118.jpg
IB20180914119.jpg
関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR