FC2ブログ

「神に選ばれた国」と「神に選ばれた民」に未来はあるか、その9

アメリカ理解(2019/04/22) ロシアゲイト、特別検察官ロバート・ミューラー、下院議員イルハン・オマール、下院議員アレキサンドリア・オカシオ=コルテス、イラン・コントラ事件、ベネズエラ特別大使エリオット・エイブラムス

イスラム教徒であることを堂々と名乗って下院議員に当選したイルハン・オマール(左)
AS20181107003772_comm.jpg 0f3f90d5f19039965b1b1a683b3cf860.jpg
社会主義者であることを堂々と公言して下院議員に当選したアレキサンドリア・オカシオ=コルテス(右)

 
特別検察官ロバート・ミューラー(​Robert Mueller)の「ロシアゲート」に関する捜査報告書が公開されました。
 2年がかりの調査でしたが、ロシアが2016年の大統領選挙でトランプ米大統領やその他のアメリカ人と共謀したという具体的証拠をなにひとつ示すことはできませんでした。
 考えてみれば、これは当然のことで、アメリカが他国の選挙に関わったり政権転覆をはかることはあっても、ロシアがわざわざアメリカの選挙を裏で操作する理由は考えられません。
 にもかかわらず民主党幹部がここまで「ロシアゲイト」にこだわるのは2つの理由が考えられます。ひとつはアメリカ初の女性大統領になりたかったヒラリー女史の復讐心です。自分が選挙戦で負けたのは「選挙戦で掲げた政策がアメリカ民衆の心を捉えるものでなかったからだ」ということを認めたくないからです。
 自分が負けたのはロシアによる裏工作によるものであり、したがってトランプ大統領はプーチンの傀儡(かいらい)操り人形だということにしておけば、自分の選挙政策や選挙運動のやり方を批判されずにすみますから、こんなに都合のよいことはありません。
 そこで最近ではドイツやイギリスやフランスでも同じ戦術を使い始めました。選挙で負けそうな政権が、「ロシアが選挙に介入しようとしている」という宣伝で、人気のある政党や立候補者を攻撃するというやりかたです。
 それはともかく、民主党幹部が「ロシアゲイト」にこだわったもうひとつの理由は、トランプ大統領がロシアと裏で共謀したという疑惑を掻きたてれば、トランプ大統領の罷免にまで持ち込むことができるかも知れないし、たとえ罷免できなくても、次の大統領選挙でトランプを引きずり落とすことに役立つからです。
 すなわち、「トランプはプーチンの傀儡だというマイナスイメージを大宣伝することによって、トランプ大統領の再選を防ぐことができるだろう」という戦術です。
 しかし、このような戦術は多分、マイナス効果にしか働かないでしょう。民衆の心に響く政策を掲げることなしに、トランプ叩きにのみ専念していたら、ますます民衆の心は民主党から離れていくからです。
 私の推測では、このような民主党幹部の姿勢が変わらない限り、トランプ再選の確率は、ますます高まっていきます。ですから、トランプ再選の後押しをしているのは、実は民主党の幹部たちなのです。
 このような幹部に対する民主党の若い革新的女性議員たち(たとえばイルハン・オマールやアレキサンドリア・オカシオ=コルテスら)の憤りが、アメリカから遠く晴れた地に住む私の耳にまで聞こえてくるような気がします。


以下は長周新聞連載(9、最終回)です。文字が小さくて読めないという方は、下記のサイトを御覧いただけると有り難いと思います。
*「神に選ばれた国」と「神に選ばれた民」に未来はあるか
https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/10854

長州新聞20190210神に選ばれた国と神に選ばれた民に未来はあるか⑨227
長州新聞20190210神に選ばれた国と神に選ばれた民に未来はあるか⑨229
関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR