FC2ブログ

憲法記念日と日本の軍拡「アメリカ兵器の爆買い」

総合文化(2019/05/06) 有償軍事援助制度(FMS: ForeignMilitarySales)、「ミサイル要塞化」が進む南西諸島(与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島)、朝鮮「2.8独立宣言」「3.1独立運動」から100年

「平和と命と人権を! 5.3憲法集会」でプラカードを掲げる参加者=東京都江東区
AS20190503001539_commL.jpg

  「平和といのちと人権を!5・3憲法集会 -許すな!安倍改憲発議」では、昨年を上回る約6万5千人の参加だったということで、国民の安倍政権への憤りを感じさせるものでした。
 さる5月1日は「メーデー」だったにもかかわらず、労働者の祭典は「改元騒ぎ」で消し飛ばされてしまいました。今にして思うと、この日を「令和元年の出立日」にした狙いもここにあったのかも知れない!と思い至りました。
 にもかかわらず5月3日の「絹布記念日」は昨年を上回る参加者であり、全国各地でも改憲反対の集会が盛り上がっていたようで、未来への光を見るような気がしました。

 ところで、私も会員になっている「NAJAT:武器取引反対ネットワーク」の杉原浩司代表から[転送・転載歓迎」として便りと声明が届きました。
 下記の杉原「挨拶」とNAJAT「声明」を読んでみて、これはやはり緊急に「転送転載」すべき内容だと思い、このブログでも紹介したいと思った次第です(下線は寺島)。
 とりわけ「アメリカ政府の言い値で」高額の欠陥武器を「爆買い」させられている実態は国民の生活を直撃するものです。この実態を一刻も早く市民国民に知ってもらいたいと思った所以です。
 連載「英語教育残酷物語」の続きを期待されている方には申し訳ないのですが、お許しいただければ幸いです。


【挨拶】
 本日5月3日、憲法記念日。私たちNAJATメンバーも参加した東京・有明防災公園での「平和といのちと人権を!5・3憲法集会 -許すな!安倍改憲発議-」は、昨年を上回る約6万5千人の参加でした。
 この底力で、改憲発議も、「先取り壊憲」も食い止め、安倍政権を一日も早く退陣に追い込みたいと思います。
 NAJATでは、2019年の憲法記念日にあたって、以下の声明を発表しました。ぜひご一読いただき、広めていただけるとありがたいです。また、後半には、憲法集会でも1900枚を配布した「武器より暮らしを!」アクションシート改訂版の案内も載せています。ぜひご注文、ご活用ください。

【声明】
大軍拡をやめさせ、憲法の理念を活かす政治を~2019年憲法記念日にあたって~
https://kosugihara.exblog.jp/239247780/

 軍隊を持たず、武力による紛争解決の放棄を誓った日本国憲法。植民地支配と侵略によって「列強」の仲間入りを追求した果ての惨状。その深甚なる反省から生まれた平和憲法は今日、施行から72年を迎えました。
 私たちはしっかりとこの国の現状を捉え、憲法の目指した国家像や世界の未来の姿に照らして、何をすべきかを見定めなければならないでしょう。
 最高額を更新している防衛費5兆2,574億円を含む2019年度の国家予算101兆4,571億円は既に成立してしまいました。
 2018年度の第2次補正予算にも3,998億円もの防衛費が含まれており、実際の単年度あたりの軍事費は5兆6,500億円にも達しています。これは、文部科学省予算5兆5,287億円を超えています
 中でも、アメリカ国防総省によるFMS(有償軍事援助制度)によって、武器メーカーから直接ではなく、米政府を通して言い値で買う高額兵器が急増しています
 アメリカとの「貿易摩擦の緩和」を名目に、イージス・アショア、F35戦闘機、長距離巡航ミサイル、無人偵察機などの導入や、既存のイージス艦の弾道ミサイル対応改修等が行われています。
 一方、驚くべきことに、政府の給付型奨学金の予算は、2018年度で105億円とF35A戦闘機1機分(116億円)以下です。また、今年3月に打ち切られた原発事故での区域外避難者への福島県からの住居支援の額は、さらに少ない約80億円に過ぎません
 この「武器爆買い」状況のもとで、圧迫される財政を背景に、調達費支払いの延期や開発をめぐり、政府と日本の軍需産業との間に「きしみ」さえ生じています。
 このように、日本政府は、中国の海軍力増強など「安全保障環境が一層厳しい」ということを大義名分に、これまでの中期防衛力整備計画とも合致しない武器購入を官邸主導で決定し、限りある財源を注ぎ込んでいます。
 これは、海外での権益保護をうたって正当化された、戦前の陸海軍の歯止めなき拡大による財政圧迫と、産業の軍需化を連想させます。
 裏工作までして獲得した1940年の「東京オリンピック」開催を、中国侵略の収拾ができなくなったために返上したことも、大いなる教訓として思い起こすべきでしょう。

 今年は、日本が植民地支配していた朝鮮半島全土で独立宣言が叫ばれ、民衆が街頭に繰り出した「2.8独立宣言」「3.1独立運動」から100年でもあります
 植民地支配の歴史を忘れ、民族差別がいまだに横行する中、日本では、歴史的な南北首脳会談や米朝首脳会談の流れを冷笑するばかりか、政府でさえ「同盟国」韓国との軍事緊張まで演出し、朝鮮民主主義人民共和国の脅威を言上げしているありさまです。
 政治・外交の劣化と停滞は既に大きな損失を生んでいます。
 その中で、武器爆買いや辺野古新基地建設強行をはじめとする大軍拡は、社会保障や教育を切り捨て、市民生活を圧迫し、貧困を「自己責任」として押し付けていこうとしています。
 さらに「ミサイル要塞化」が進む南西諸島(与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島)では、沖縄戦の悲惨な記憶をあざ笑うかのように軍事が市民生活を浸蝕しつつあります
 私たちは歴史から何も学ばなかったのでしょうか。私たちはかくもたやすく対外危機に煽られて平和の資産を手放そうとするのでしょうか。
 硝煙が漂い始めた現在、しかしまだ憲法の条文には手が付いていません。ここから私たちは、大軍拡にストップをかけ、安倍晋三政権が目指す明文改憲はもちろん「先取り壊憲」をも食い止めたいと思います。
 予算を武器より暮らしに振り向けることのできる代表を議会に送り込み、周回遅れでも東アジアの平和構築のために積極的に参加していきたいと思います。ともに力を尽くしましょう。

2019年5月3日 武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3・11市民プラザ気付

---------------------------
★NAJATアクションシート改訂版が完成しました!
https://kosugihara.exblog.jp/239247735/

「武器より暮らしを!」とわかりやすく訴える大好評のNAJATアクションシートの改訂版が完成しました。
 最新のデータを反映させてリニューアルしています。安倍首相あてのハガキも組み込んでいます。引き続きご活用ください!こちらからダウンロードできます。
http://chechennews.org/sharedoc/actionsheet_8_1.pdf

<1枚10円で送料無料で発送します。どしどしご注文ください!>
【注文先】 ※お名前と郵送先、枚数、電話番号をお知らせください。
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原)

関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR