FC2ブログ

ワクチンと東京オリンピックのために、ブレーキとアクセルを同時に踏まざるを得ない日本政府

総合文化(2021/01/03) WHO、PCR検査、ダボス会議(すなわちWEF世界経済フォーラム)


年賀状2021

 いま日本はコロナウイルスで大騒ぎになっています。
 が、これも政府がワクチンと東京オリンピックのために「ブレーキとアクセルを同時に踏まざるを得ない」ように追い込まれているからでしょう。
 なぜなら、オリンピックを開催するためには感染者が増えすぎたら困るので、PCR検査を控えざるを得ません。
 しかし他方では、WHOやダボス会議(すなわちWEF世界経済フォーラム)からは、国民全員にワクチン接種をするよう指令を受けています。
 そのためには、どんどんPCR検査をすることによって感染者を増やし、皆を恐怖感に陥れ、「早くワクチンを!」と叫ばざるをえないように仕向けなければなりません。
 つまり東京オリンピックのためにはコロナにブレーキを、他方でワクチン接種のためにはコロナにアクセルをかけなければならないわけです。
 しかも、この混乱に拍車をかけているのが今まで左翼やリベラルと言われていたひとたちですから、当分この混乱はおさまりそうにありません。
 なぜなら、今では共産党だけではなく、それを批判してきた長周新聞、さらには「れいわ新撰組」までもが、PCR検査の拡大を!と叫んでいるからです。
 しかし「新型コロナウイルス」および「PCR検査」の真実が、少しずつ明らかにされつつあります。その一端は、このブログ「百々峰だより」や『寺島メソッド翻訳NEWS』でも紹介してきました。
 というわけで、希望を捨てずに頑張りたいと思います。今年もご指導ご鞭撻、よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト



検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR