アリゾナ州の惨状とチョムスキー講演、そして日本

米国老舗の月刊誌Harper’s Magazine 2010年7月号に、Tea Party in Sonora: For the Future of GOP Governance, Look to Arizona.という記事が載りました。Democracy Now!(Thursday, July 15, 2010) は、この記事の筆者Ken Silversteinに、次のようなインタビューをしています。

「ソノラのティー・パーティー: アリゾナ州は共和党右翼急進派政策の実験場」
http://www.democracynow.org/2010/7/15/tea_party_in_sonora_ken_silverstein

この記事を私流に要約すると次のようになります。
* アリゾナ州は移民政策だけでなく様々な問題の実験場になっている。
* 右翼的な民衆運動ティーパーティーが実質的なアリゾナ州の与党である。
* 共和党が全国的な権力を取り戻した際には、「米国は、アリゾナ州がすでにそうであるような、右翼の砂漠とでもいえるものになっていく可能性がある。

これを視聴していて、まず思い浮かんだのがチョムスキーの下記講演でした。

チョムスキー20100420「政治の中枢は機能不全、ラジカル・イマジネーション(根源的想像力)の火を再び燃え上がらせよう」
http://www42.tok2.com/home/ieas/chomsky20100420_centercannot_hold.pdf

というのは、チョムスキーは2010年3月におこなわれた上記講演のなかで、アリゾナ州の事態を既に予言していたからです。

チョムスキーは、ジョセフ・アンドリュー・スタックという人物が自分の所有する小型飛行機をテキサス州オースティンの国税庁事務所ビルに突入させるという自爆事件から、上記の講演を始めています。

そして、民衆の期待を背負って大統領に当選したはずのオバマ大統領が、その期待を裏切る政策を次々と実施し、今では米国地方選挙では民主党どころか共和党の公認候補すらも脅かす戦闘的右翼勢力Tea Party Movementが大きく票を伸ばしたり当選したりするという事態が生まれていることを紹介しています。

チョムスキーは、ジョー・スタックの遺書を紹介しつつ、この自爆事件を単に「狂人の妄動」と嘲笑するのではなく、共和党どころか民主党に絶望した民衆の「怒りの大きさ」「絶望の深さ」を示すものとして、これを正しく分析しておかないと、重大な事態になりかねないと述べています。

その理由を簡単に要約すると次の諸点になるでしょう。
* ドイツは1930年代に「世界で最も民主的な憲法を持ち、世界で最も高度な文化を誇っていた」にもかかわらず、いとも簡単にヒトラーに政権を譲ってしまった。
* 米国では民衆の武装集団Tea Partyの運動が民衆の武装集団Militiaとも連動して、無視できない広がりを見せている。
* したがって民主党も共和党も政府も民衆の怒りや絶望を放置したまま財界の要求にのみ従った政策を続けていると、1930年代にドイツが犯したと同じ誤りを犯しかねない。

チョムスキー講演の面白さ・分析の鋭さは、私の拙い要約では、とても伝えきれませんので、ぜひ上記の翻訳全文を読んでいただきたいと思います。この論文は、米国の現状を、目覚ましい経済成長を遂げている中国の現状と重ね合わせながら説明しているところなど、読んでいてハッとさせられる箇所が数え切れないくらいありますが、時間のないひとは先に紹介したジョー・スタックに絞ってまとめた短い論文がありますので、これだけでも読んでいただければと思います。

チョムスキー100518「ラスト・ベルト(斜陽工業地域)の怒り」
http://www42.tok2.com/home/ieas/chomsky20100511rustbelt.pdf

<註: 国税庁ビルに飛行機で自爆攻撃を仕掛けたジョー・スタックは、不思議なことに、911事件の犯人と違って「テロリスト」扱いされていません。ここにも米国のいわゆる「二重基準ダブルスタンダード」ぶりが如実に表れています。ちなみにチョムスキーは、911事件は「戦争」ではなく「犯罪」であるとして、アフガン攻撃を厳しく批判しました。>

チョムスキー講演の紹介で話しが横道に逸れてしまったので、本題のアリゾナ州の惨状に話しを戻します。

このインタビュー―では、Tea Party のスローガンが「税金で金融界を救済する政府を拒否し、納税拒否または減税要求をする」ことを基本としているため、アリゾナ州が財政難に陥り、公教育や年金など様々な社会保障の削減に乗り出していること、それどころか州議会の建物を初めとして州庁舎を次々と売り払い、その建物を民間から賃借りして議会を開いているなど、信じがたい惨状が展開されています。以下にその一部だけを紹介しておきます。

KEN SILVERSTEIN: Well, they’ve taken all of these desperate steps, because the state, as I mentioned, is completely bankrupt. They have this enormous budget deficit that they have to cover up, and so they’ve taken all sorts of steps to just generate money and throw it into the budget hole and say, "OK, we’ve balanced the budget." So, yeah, they sold off the capitol building, and now they’re leasing it back, which, of course, over the long run is going to cost the state far more than simply maintaining the property. And they’ve sold off dozens of state buildings. They’ve talked about—I don’t think they’ve actually sold off any prisons, but they were talking about privatizing the state prison system, including at one point there was talk of, you know, maximum-security prisons, and even the prisons that hold death row prisoners, they were going to privatize those.

上記では刑務所までも売り払って民営化する話も出てきますが、「政府の赤字を解消するためには民営化しさえすればよい」との論調が日本でも根強いだけに、このアリゾナ州の対応は、今の日本の現状ともそっくり重なってきます。庶民には「増税」、富豪・大企業には「減税」という政策も米国と同じです。

終わったばかりの参議院選挙の結果を見ていると、不況の真っ直中で政府も2大政党も信用できず、どこに生活を立て直す活路を見出せばよいのか、途方に暮れている日本民衆の現状も、米国と瓜二つと言えるのではないでしょうか。

(少し前にマツダの自動車工場に自分の車を乗り付けて、「自爆」しようとした派遣社員がいましたが、その姿とジョー・スタックの「自爆」とが、私には重なって見えてきますが、これは私の「眼の錯覚」でしょうか。)

アリゾナ州の惨状で紹介したいことは他にも色々あるのですが、既に長文になりすぎているので、残りは割愛させていただきます。時間があれば読解力ブラッシュアップを兼ねて、ぜひ下記原文にも挑戦してみてください。。

"Tea Party in Sonora": Ken Silverstein of Harper’s Says Arizona is Laboratory for Radical GOP Policies
http://www.democracynow.org/2010/7/15/tea_party_in_sonora_ken_silverstein

<追記>

拙著『英語教育が亡びるとき』では、「英語読みのアメリカ知らず」「真の米国を知るために英語を」「日本を第2の米国にしないためにこそ英語を学ぶ」「そのためには英会話よりも先ず英語の読解力を」と主張しましたが、この記事がその傍証になれば幸いです。

ただし、拙著で繰り返し指摘したとおり、「読解力のブラッシュアップを兼ねて英語原文に挑戦してみてください」と言われても、なかなか現場が忙しすぎて自己研修の時間が取れないことが最大の問題だと考えています。

非常勤または常勤講師の採用による授業のやりくり、負担増ばかりが増える「少人数学級」の押しつけといった教育政策をやめさせ、クラスサイズの縮小と正規教員の採用人数増加を求める運動が、今ほど求められているときはないでしょう。(と同時、これは雇用を増やし、景気回復の一助にもなるでしょう。)

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR