Global "Occupy" Movement (2) 【怒りの統一行動日 October 15】 その日、世界はどう行動したか:

────────────────────────────────────────
音楽と動画1 【10・15 Global Revolution】♪共に世界を変えていこう(約4分半)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=bdFMfEbRHJw
音楽と動画2 【The Times They Are A-Changin'】♪時代は変わる(ボブ・ディラン、3分)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=KzmpFwCfscE


────────────────────────────────────────
<註> 以下では、英文をたくさん引用してあります。しかし半分は自分のメモを兼ねていますので、時間のない方は飛ばして読んでください。

────────────────────────────────────────
前回のブログで私は「ウォール街の近く“Liberty Plaza”に集った若者たちは、“OCCUPY TOGETHER”という呼びかけを全世界に向けて発信し始めました」と書きました。

その世界一斉行動日が10月15日(土)だったのですが、17日(月)のDemocracy Now!によれば、世界中で1500都市で行動が起こり、米国内でも100都市で「占拠」がおこなわれました。

この日、世界で最大のデモが起きたのは、スペインの首都マドリード「太陽の門」広場の50万人でしたが、ベルルスコーニ大統領のスキャンダルが発覚したイタリアでも、20万人が首都ローマを埋め尽くしました。

────────────────────────────────────────
Hundreds of Thousands Protest Around the World in Solidarity with Occupy Wall Street Movement
http://www.democracynow.org/2011/10/17/headlines#0

Hundreds of thousands of protesters took to the streets Saturday in the October 15 Global Day of Rage inspired by the Occupy Wall Street encampment. Protests reportedly took place in 1,500 cities worldwide, including 100 cities in the United States.
  The day's largest protest took place in Italy, where more than 200,000 took to the streets of Rome. While the protests were peaceful around the globe, in Rome some people set cars ablaze and broke the window of banks and shops, sparking the country's worst riots in a decade. News reports said that some of the 12 arrested for the riots were believed to belong to right-wing soccer fan groups, while others were linked to anarchist groups.



(上記の動画[約1分]は写真はスペインの首都マドリード「太陽の門」広場を埋め尽くした50万人の集会。ここでベートーヴェン第9シンフォニー大演奏がおこなわれました。そのようすは下記URLで御覧ください。約4分半)
http://www.youtube.com/watch?v=lNGsluNF6p4&feature=player_detailpage

────────────────────────────────────────
米国では、主要大都市で「占拠」がおこなわれ、同時に多数の逮捕者も出ています。シカゴで175人、アリゾナで100人、ニューヨーク市で92人、ローリー(ノースカロライナ)で19人、デンバーで19人、ワシントンDCで19人、などです。

首都ワシントンDCでは、キング牧師の大きな彫像の落成式が同時におこなわれていたのですが、プリンストン大学の名物教授コーネル・ウエストは、この式典に参加したあと、最高裁判所前の階段に座り込んで、逮捕されました。

コーネル・ウェストは大略、次のように演説しました。強力な拡声器の使用が禁じられているので、彼の演説はフレーズ毎に区切られ、そのフレーズを参加者が復唱することによって全体に伝えられていきました。それが逆に参加者の連帯感を強めていました。

「最高裁はしばしば企業の貪欲さに荷担してきた」「キング牧師は何度も逮捕・投獄されながら社会の不公正と闘ってきた」「私もここに座り込むことによって米国のみならず世界のOccupy Movementと連帯したい」

コーネル・ウェストはニューヨーク“Liberty Plaza”で演説したときは、「大手のメディアは、『ここに集まっている連中は単なる浮浪者の集団で、要求も全くバラバラだ』とか言っているが、そんなことは全く気にする必要はない」「そもそもこれだけ社会が腐敗しているときに、要求が一つだけに収まるはずがない」と言っていました。

日本の大手メディアにも聞かせてやりたいことばではありませんか。

────────────────────────────────────────
他方、俳優のダニー・グローバーは、カリフォルニア州オークランド市のOccupy Oaklandに参加して、次のように熱弁を振るいました。

「皆に訴えたい。我々は民主主義を取り戻さなくてはいけない」「単に取り戻すだけでなく、それを造りかえなければならない。それをより良いものに改造しなければならない」「現在の民主主義は失敗している。企業の金儲けに奉仕し、我々の生活と地球を破壊するような民主主義はもう御免だ」「我々は民主主義を取り戻し、それを民衆のための、民衆による民主主義に造りかえなければならない」

いま私が翻訳している『Voices of a People's History of the United States』に登場する人物のひとりを、ダニー・グローバーは舞台で「Dramatic Reading」しています。しかし、オークランドでも演説は、それよりも遙かに迫力に満ちています。やはり目の前の現実にたいする怒りのほうが、はるかに勝っていました。


(写真の左は黒人俳優として有名なダニー・グローバー、右はプリンストン大学の名物教授コーネル・ウェスト)
────────────────────────────────────────
<註> 演説がフレーズ毎に区切られ、そのフレーズを参加者が復唱することによって全体に伝えられていく方法は、ニューヨークの“Liberty Plaza"の集会で、アンプ付きマイクを禁じられたマイケル・ムーアが初めて試みた方法ですが、今やあちこちで多用されるようになっています。これはいわゆる「シャドウイング」に近いものですから、彼の演説は英語教育の教材としても最適ではないでしょうか。

────────────────────────────────────────
ダニー・グローバーとコーネル・ウェストの「演説内容」および「演説のようす」に興味がある方は、下記URLをクリックすると、詳しく視聴することができます。

Danny Glover, Cornel West Speak Out at Occupy Protests as MLK Memorial is Dedicated in D.C.
http://www.democracynow.org/2011/10/17/danny_glover_cornel_west_speak_out

In the United States, police arrested hundreds of people over the weekend at demonstrations and occupations inspired by Occupy Wall Street. Arrest totals include: 175 in Chicago; 100 in Arizona; 92 in New York City; 19 in Raleigh, North Carolina; 19 in Denver; and 19 in Washington, D.C., including Princeton University Professor Cornel West, on the steps of the Supreme Court.
  West was arrested shortly after attending the dedication ceremony for the new Rev. Dr. Martin Luther King, Jr. Memorial. We also go to California, where actor and activist Danny Glover addressed Occupy Oakland.

────────────────────────────────────────
東京でも六本木、渋谷、新宿の3か所で集会とデモおこなわれましたが、そのようすは大手メディアでも報道したところがあるようですから、ここでは詳細を省きます。

どの新聞が、どのように報じたかは、下記の "OCCUPY TOKYO" ホームページ、Labor Net TVのホームページで読むことができますので、興味のある方は、そちらを御覧ください。
http://occupytokyo.org/ja/forum/index
http://www.labornetjp.org/news/2011/1318904762827staff01

この "OCCUPY TOKYO" は、スペイン、イタリア、ギリシャ、オーストラリアなどの主要都市で起きている大規模な占拠と比べれば、「占拠」とは言えず、単なる集会とデモであり、規模も小さなものでした。

とはいえ、9月16日の「6万人集会」が線香花火に終わるのではないかと危惧していた人々にとっては、今後に明るい兆しを感じさせるものでした。

しかし、もう一つの明るいニュースは、どうも本当の「占拠」が福島の女性たち100人によって始められるという知らせでした。下記のHPによると、福島の女性100人を中心に、経産省前で10月27~29日(木~土)3日間、毎日10~15時、座り込みをします。
http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html

HPの冒頭には下記のような日程が書いてありました。ニューヨークを初めとして、世界中の「占拠」しているひとたちにも、ぜひ知らせてあげたい "Big News" ではないでしょうか。

原発いらない福島の女たち
 10月27~29日「福島の女たち」
 10月30日~11月5日「全国の女たち」
 経産省前女子会は、なんと10日間ぶっ通しです!
 

また、呼びかけ文には下記のように書いてありました。彼女たちの熱気が伝わってきます。詳しくは上記のHPを参照してください。

<100人集めるの、どんだけ大変なんだろ~と思っておりましたが、実は、募集チラシが完成する前から既に、34人の女たちがフライング・エントリー(@_@;)。歴史を変える(かもしれない)100人の女たちに加わりたい方は、大至急、申込書を書いてください。>

────────────────────────────────────────
<註> 上記の情報を調べているうちに、「脱原発をめざす女たちの会」が発足し、キック・オフ集会!を下記の日程で開く予定であることを知りました。

日時:11月23日(水・祝) 開場 午後1時  開演 午後1時30分
場所:座高円寺2(杉並区立杉並芸術会館地下2階)
JR中央線高円寺駅北口徒歩5分

「呼びかけ人」「賛同者」を見ると、実に多彩な有名人が参加していて驚かされました。詳しくは下記サイトを御覧ください。それにしても、世は「女の時代」ですね。男であることが恥ずかしい!!
http://datsugenfem.web.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

Author:狐狸庵居士(田舎の国立大学を2010年に定年退職)

リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR